流産・死産を経験された方へ

ページ番号1009990 

印刷大きな文字で印刷

流産や死産で大切なお子さまを亡くされた悲しみは計り知れません。

つらい気持ちを抱えたまま、誰にも話すことができない方もいらっしゃいます。

誰かに話しを聞いてほしいと思ったときに相談できる場所や利用できる制度・手続きをご案内します。

相談窓口

天使の保護者ルカの会

流産や死産、新生児死亡を体験されたご両親、ご家族をサポートする活動を行っている団体です。月1回、お話会を開催しています。同じ体験をしたスタッフと助産師や公認心理師などが対応しています。

お空の天使パパ&ママの会(WAIS)

妊娠初期から周産期、新生児期にお子さんを亡くされた方を対象に、悲嘆(グリーフ)のケア・サポートの活動を行っているセルフヘルプグループです。毎月、流産・死産・新生児死でお子さんを亡くされた方を対象としたお話会を開催しています。

ANGEL's HEART

流産・死産・人工死産・新生児死等、さまざまな理由で赤ちゃんを亡くされたご家族が集まる自助サポートグループです。茅ヶ崎市を拠点に活動していますが、市外・県外の方の参加も可能です。それぞれの思いや胸の内を自由に安心して話せるお話会や、赤ちゃんを見送るためのおくるみを作り、産院に寄付する活動を毎月開催しています。

神奈川県不妊・不育専門相談センター

「流産や死産を経験した気持ちを聞いてほしい」「私たちって、不妊症?」「これからの治療をどうしよう…」など、医師や臨床心理士、助産師などの専門家が相談に応じています。

逗子市子育て支援課子育て支援係

保健師・助産師等医療専門職がお話を伺います。つらい気持ちが少しでも軽くなるお手伝いができればと思います。匿名でも構いません。

電話:046-873-1111(内線541)

いずれも月~金(年末年始、祝日は除く)8時30分から17時

手続き・利用できる制度について

死産届

妊娠4か月以後の胎児を死産した場合は、死産届の届出が必要です。死産から7日以内に死産届を提出してください。

埋葬等に関する法律に基づき、火葬を行います。火葬を行う際、同法に基づき死胎火葬許可証を取得いただく必要があります。次の手続きの流れをご参照ください。

なお、妊娠4か月以上の死胎児につきましても同法に基づき、手続きの流れは死亡届をご参照ください。

参照法令:死産の届出に関する規定・墓地、埋葬等に関する法律

 お問い合わせ 届出に関すること:市民協働部 戸籍住民課戸籍係 電話:046-872-8119

出産育児一時金

妊娠満12週(85日)以降の方(死産・流産を含む)は、支給対象となります。ご加入の健康保険組合等にご確認ください。
国民健康保険に加入されている方は国民健康保険給付制度のページをご覧ください。

逗子市出産・子育て応援事業における給付金

出産応援ギフト

 妊娠届出をし、母子手帳交付後、流産・死産された方は出産応援ギフトの対象となります。

子育て応援ギフト

 子育て応援ギフトは出生後に亡くなられたお子さんも対象となります。

申請方法についてご不明点がありましたらお問合せください。

産婦健康診査

流産・死産の後の体調で心配なことがある方は、出産から2週間後、1か月後に産婦健康診査費用補助券を利用し、医療機関で健康診査を受けることができます。

産後ケア事業

逗子市で実施する産後ケア事業は、流産・死産された方もご利用いただくことができます。助産師の自宅への訪問等によって、心と体のケアを受けることができます。産後ケア事業の利用には登録申請が必要です。

母子健康手帳・妊産婦健康診査費用補助券

母子健康手帳は、流産・死産された場合もお返しいただく必要はなく、お手元に残していただいて構いません。

妊産婦健康診査費用補助券については、償還払い等必要な手続きが終わりましたら破棄してください。

償還払いについて詳しくは妊産婦健康診査費用補助券の交付をご覧ください。

 

流産・死産等を経験された方への情報提供

こども家庭庁 流産・死産を経験された方へ

厚生労働省では、流産・死産等を経験された方への情報提供として、都道府県等の相談窓口、働く女性が流産・死産された場合に利用できる制度、健康管理に関する情報提供、社会保険関係の情報提供を行っています。

 

Baby Loss Awareness Week ~亡くなった赤ちゃんとご家族に想いを寄せる1週間~

ピンク&ブルーリボン

Baby Loss Awareness Week(BLAW)とは、流産・死産・新生児死等で赤ちゃんを亡くしたご家族への心のケアや支援の必要性について意識を高め、大切な赤ちゃんに想いを寄せる国際的な啓発週間で、毎年10月9日~15日と定められています。BLAWの国際啓発シンボルとして、ピンク&ブルーリボンがあります。

詳しくは、Baby Loss Awareness Weekとその国際シンボルであるピンク&ブルーリボンの周知活動を行っている団体 Baby Loss Family Support `Angie´ のホームページをご覧ください。

 

 

このページに関するお問い合わせ

教育部子育て支援課子育て支援係
〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号
電話番号:046-872-8117
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。