風しんの抗体検査及び予防接種法第5条第1項の規定に基づく風しんの第5期の定期接種について


ページ番号1004036  更新日 2023年8月18日


風しんの追加的対策について

国(厚生労働省)は、「風しんの追加的対策」として昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象に、原則無料で風しん抗体検査を実施し、抗体価が国の基準以下の場合、風しん予防接種(第5期)を行うこととしました。
これは、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は、風しんにかかる公的な予防接種の機会がなかったため、風しんの抗体の保有率が女性および他の世代の男性より低く、2018年7月以降増加した風しんの患者の中心が30代から50代の男性であったことから、国が公的な予防接種を1回受ける機会を設けることとしたものです。

風しんは、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがあります。あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために、ぜひクーポン券を使って風しん抗体検査と予防接種をお受けください。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性

紛失・逗子市へ転入された方は、再発行が可能です。

再発行申請方法

(申込先)
〒249-8686 逗子市逗子5−2−16 逗子市国保健康課 健康係

実施期間

風しんクーポン有効期限:2024年3月末日
(抗体検査は結果が出るまでに5日〜1週間程度かかります。抗体検査実施機関にできるだけお早めに予約してください。)

注意

市が過去に発行した、有効期限が「2023年3月」以前のクーポン券は使用できません

原則、有効期限が「2024年(令和6年)3月」と記載されているクーポン券をご使用ください。

受診方法(風しんクーポン券による受診の流れ)

  1. 逗子市のクーポン券を受け取る
    抗体検査及び予防接種を受けるには受診日時点で住民登録地の市区町村が発行する風しんクーポン券が必要です。
    ※次の場合、住民登録地発行のクーポン券をあらためて受ける必要があります。
  2. 風しん抗体検査を受ける。
    まず、風しんの抗体があるかどうかを調べます。事前に実施医療機関に「風しんクーポン券」を持っていることを伝えたうえで予約し、受診日当日は必ず、風しんクーポン券、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等)を持参してください。
  3. (抗体検査の結果が陰性だった場合)予防接種を受ける。
    抗体検査を行った結果、風しんの抗体が国の基準以下と判定された方は、抗体検査受診票に「定期接種の対象」の欄に○印がついた結果票が医療機関等から渡されます。この書類と風しんクーポン券、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等)を持って、風しんの予防接種を予約し、麻しん風しん混合(MR)ワクチンの接種を受けてください。

※予防接種の本人控は、大切に保管してください。

実施医療機関

「風しんの追加的対策」に参加する全国の医療機関等でクーポン券を使用することができます。

実施医療機関は、厚生労働省のホームページ「風しんの追加的対策」内の「風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関」に掲載されています(随時更新予定)。
ご都合にあった医療機関を選び、事前に直接お問合せ、予約してください。

お近くの医療機関で受けたい場合

逗子市風しん関連リンク

関連情報リンク


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


福祉部国保健康課健康係
〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号
電話番号:046-872-8159


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) TsuNaGo, All Rights Reserved.