風しん予防接種の費用一部助成を行います


ページ番号1004035  更新日 2023年8月4日


(申請受付 令和5年4月1日から令和6年3月31日まで)

令和5年4月1日以降に受けた予防接種が対象です。

予防接種で赤ちゃんを守りましょう。

逗子市では、(1)19歳以上の妊娠を予定している女性、(2)妊娠を予定している又は妊娠している女性のパートナーを対象に風しん予防接種費用の一部助成を行います。

※国制度対象かどうかご確認ください

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は、国の「風しんの追加的対策(無料クーポン)」対象ですので、以下のリンク先をご覧ください。

対象者

逗子市に住民登録があり、次のA又はBに該当する方
(※昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性を除く

  1. 接種日現在、19歳以上の妊娠を予定している女性
  2. 妊娠を予定している又は妊娠している女性のパートナー

【重要】女性の方の注意事項

予防接種を受ける時期等

※ 妊娠中は接種できません。妊娠の可能性が少しでもある方は、絶対に接種しないでください。

接種後の注意

接種後2か月間は必ず避妊してください。

助成対象ワクチンと助成額

助成対象期間

2023年(令和5年)4月1日から2024年(令和6年)3月31日までに実施した予防接種が対象です。

※ 申請期限は2024年(令和6年)3月31日です。

対象医療機関

国内の医療機関であれば対象とします。

申請方法

(1)電子申請

 注意事項をご確認の上、お申込みください。

(2)国保健康課健康係窓口でのお申込み

 次の1〜4を持って、市役所1階5番窓口(国保健康課)に申請してください。申請受付後、接種者本人名義の金融機関口座に助成金を振り込みます。

  1. 申請書、請求書(国保健康課窓口に用意しています。このページからもダウンロードできます。)
  2. 領収書(コピーも可)
  3. 次の1〜3のうち、「麻しん・風しん混合(MR)ワクチン」又は「風しん単抗原ワクチン」どちらを接種したのか分かるものを1種類(コピーも可)
    1. 予診票
    2. 予防接種済証
    3. 診療明細書
  4. 接種者本人の金融機関口座の通帳又はキャッシュカード

※ 逗子・葉山地区の医療機関で接種した場合で、「領収書兼予防接種済証」が発行された場合は、そちらをお持ちください(この場合、2及び3は必要ありません)。

※申請書・請求書は片面印刷で作成してください。

風しんについて

抗体検査のみ希望される方


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


福祉部国保健康課健康係
〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号
電話番号:046-872-8159


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) TsuNaGo, All Rights Reserved.