小坪の洞窟砲台(撮影時期不明)

写真中央、三角形の底辺にあたる直線状に3つの穴があります。両端の2つの穴は、15cmカノン砲が設置されていた洞窟砲台。真ん中は観測所でした。
1945年(昭和20年)10月20日、洞窟の中に残っていた火薬が爆発し、少年16人が犠牲になりました。洞窟前には慰霊碑が建ち、以前はお参りすることもできましたが、今は埋められ山の中に隠れてしまい、どこからも近づくことはできません。
2枚目の写真が、埋められる前の砲台跡で、慰霊碑が確認できます。

小坪の洞窟砲台(撮影時期不明)


登録ID ZDA20180327
著者/作者 -
撮影年月日 -
年代 昭和(〜1989年1月7日)
地域 小坪
撮影場所
カテゴリ カテゴリ > 提供写真
カテゴリ > 太平洋戦争と昭和20年代の市内の様子

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi