六代御前の墓(撮影時期不明)

六代御前の墓は伝説上の旧跡です。1185年(文治元年)平家一門が、壇ノ浦に滅びました。北条時政の策により、次々と平家の子孫の命が絶たれていきました。六代御前は当時12歳でしたが、母とともに京都に身を隠し、その後文覚という法師の弟子になり、妙覚と名を改め山門に入ります。しかし、10年余りの時が過ぎたころ、頼朝の死後、鎌倉幕府により、召し捕らえられ、関東に送られた後、岡部権守泰綱の手にかかり、26歳の若さで田越川のほとりで命を絶たれ、平家の子孫は永く絶えてしまうことになります。

六代御前の墓(撮影時期不明)

登録ID ZDA20170327
著者/作者 -
撮影年月日 -
年代 昭和(〜1989年1月7日)
地域 桜山
撮影場所 六代御前の墓
カテゴリ カテゴリ > 神社・仏閣・旧跡
カテゴリ > 提供写真

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi