最終更新日:2020年10月07日

<新型コロナウイルス感染症対策について>
逗子市への寄附(ふるさと納税)の受付を開始しました

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症の急速なまん延により、逗子市でも甚大な影響が生じています。
感染症予防対策・地域経済対策等を行うにあたり、皆様からのご寄附の受付を開始しました。
市民の方もご寄附いただけます(※お礼の品はありません)。
 


<寄附の方法>
ふるさと納税サイト、または寄附申込書等によりお申込みいただけます。
(詳細は 新型コロナウイルス感染症対策基金へのご寄附について をご参照ください)
ふるさと納税の使途として「新型コロナウイルス(感染症)対策を応援!」をお選びください。
◆市長が直接皆様からの寄附を受け取ります!
 新型コロナウイルス感染症対策への寄附につきましては、市長が直接皆様にお会いしてお受け取します。
 ご希望の方は、事前に”企画課秘書室(電話046-873-1111 内線314)”へご連絡ください。
<寄附金控除について>

都道府県や市区町村に対して2,000円を超える寄附をした場合、控除を受けることができます。
控除を受けるためには、確定申告またはワンストップ特例制度の申請が必要となります。
(詳細はページ下部「手続き」の「3 寄附金控除の手続き」をご参照ください)
※控除上限額の目安については下記リンク(総務省ホームページ)を参考にご覧ください。

 

※税法上の控除を受ける場合、2,000円を超える額は寄附者の個人住民税から控除される制度となっているため、結果として、お気持ちの寄附金額と異なってしまうこととなりますのでご注意ください。

(参考)逗子市民の方が逗子市に寄附(ふるさと納税)をして寄附金控除を受けると…

例:給与収入の年収600万円(社会保険料90万円) 無収入の配偶者を扶養している方が
  100,000を逗子市へ寄附し、ワンストップ特例制度を申請した場合

   寄附金控除前の住民税額:約273,000円
 - 寄附金控除額(上限額):約70,000円(市民税:約42,000円,県民税:約28,000円)
 = 控除後の住民税額:約203,000円
 この結果…
   ご寄附による逗子市の増収          100,000円
 - 寄附金控除による逗子市の減収   約42,000円
 = 差し引き後の逗子市の増収        約58,000円

例:給与収入の年収600万円(社会保険料90万円) 無収入の配偶者を扶養している方が
  50,000を逗子市へ寄附し、ワンストップ特例制度を申請した場合

   寄附金控除前の住民税額:約273,000円
 - 寄附金控除額:約48,000円(市民税:約29,000円,県民税:約19,000円)
 = 控除後の住民税額:約225,000円
 この結果…
   ご寄附による逗子市の増収            50,000円
 - 寄附金控除による逗子市の減収   約29,000円
 = 差し引き後の逗子市の増収         約21,000円
 

逗子市への寄附(ふるさと納税)のご案内

ビーチヨガ体験

逗子市では、1回1万円以上の寄附をいただいた逗子市外在住の方に、寄附金額に応じて特産品などを返礼品としてお贈りしております。返礼品は、SUPやシーカヤックなど気軽にお楽しみいただけるチケットをご用意しております。


鈴木英人版画

また、地元小坪漁港で水揚げされた新鮮な海産物、テレビなどでも話題のスーパーフード「あかもく」の加工品など、逗子にお越しにならなくても逗子の魅力を十分に感じていただけるお礼の品も多数ご用意しております。


SUP体験

みなさまからのご寄附は、本市のまちづくりに活用されるとともに、税額の控除を受けることができます。
みなさまからのご寄附は、指定されました使い道に基づき活用させていただきます。


ふるさと納税の対象となる地方団体の指定

 逗子市は、以下のとおりふるさと納税の対象となる地方団体として指定を受けております。

●令和元年5月14日付け総務大臣通知による指定
 指定対象期間:令和元年6月1日から令和2年9月30日まで

●令和2年9月24日付け総務大臣通知による指定
 指定対象期間:令和2年10月1日から令和3年9月30日まで

制度の概要

 都道府県・市区町村に対する寄附金のうち、2千円を超える金額について、個人住民税所得割の概ね2割を上限額として、所得税と合わせて当該金額相当額が控除されます。

寄附金の使い道

※ 寄附金の使途は次の22項目からお選び頂けます。
                新型コロナウイルス感染症対策に関する事業
                ・新型コロナウイルス感染症対策を応援!
子育てを応援

共に生き、心豊かに暮らせるふれあいのまちづくりのための事業
・子育てを応援!
・高齢者が安心して暮らせるまちを応援!
・障がい者が自分らしく暮らせるまちを応援!
共に学び、共に育つ「共育」のまちづくりのための事業
・逗子市立図書館を応援!
・市立小中学校を応援!
・支援教育の充実を応援!
・逗子アートフェスティバルを応援!
・逗子アリーナを応援!
自然と人間を共に大切にするまちづくりのための事業
               
・池子の森自然公園を応援!
               ・披露山公園のお猿さんたちを応援!


花火

・自然の回廊・ハイキングコースを応援!
・ゼロ・ウェイスト社会の実現を応援!
安全で安心な、快適な暮らしを支えるまちづくりのための事業
・日本一安全で快適なファミリービーチを応援!
・小坪地域の海浜活性化を応援!
・逗子海岸花火大会を応援!
・JR東逗子駅周辺の活性化を応援!
新しい地域の姿を示す市民主権のまちづくりのための事業​
・地域自治を応援!
・非核平和を応援!
・フェアトレードを応援!


池子の森

池子の森全面返還のための事業
・池子の森の全面返還を応援!
良好な自然環境の保全、緑化の推進に関する事業
・緑地の購入を応援!


返礼品について

1回1万円以上の寄附をいただいた逗子市外在住の方に、寄附金額に応じて特産品などの返礼品を送付しています。
マリンスポーツ体験チケットや海産物などの返礼品を取り揃えました。詳細につきましては、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」「ANAふるさと納税」「楽天ふるさと納税」「au Wowma!ふるさと納税」「ふるなび」にてご確認下さい。
逗子市ふるさと納税電子感謝券スタートバナー(別ウィンドウ)
逗子市電子感謝券3000

令和元年12月5日(木)から逗子市ふるさと納税「電子感謝券」の取り扱いを開始しています。
「電子感謝券」は逗子市内加盟店で使える電子ポイント(有効期限1年間)です。飲食店や小売店、マリンスポーツ体験など、様々な加盟店(11月26日現在67店舗)でご利用いただけます。詳しくは下記リンクをご確認ください。


寄附の方法

1 寄附の申込み

(1)ふるさと納税サイトから申込み

ふるさと納税ポータルサイトの「逗子市ふるさと納税申込みフォーム」に必要事項を入力することで、寄附の申込みを行うことが出来ます。入金方法としてクレジットカード支払を選択していただきますと、申込みから支払いまで、必要な手続きを全てホームページ上で行うことができます。
※ふるさと納税の詐欺サイトにご注意ください。
 ふるさと納税の受付を偽装した詐欺サイトの存在が確認されています。
 逗子市へのふるさと納税寄附申込受付は、上記サイト以外では行っておりません。

(2)寄附申込書の提出

「寄附申込書」にご記入のうえ、お申し込みください。

 申込方法  持参、郵送、電子メール又はFAX
 申込先   〒249−8686
        逗子市逗子5丁目2番16号
        逗子市経営企画部財政課
 E-mail    zaisei@city.zushi.lg.jp
 FAX     046−873−4520

2 寄附金の納入

(1)クレジットカード(手数料無料)

ふるさと納税ポータルサイトの「逗子市ふるさと納税申込みフォーム」からお申込み後、クレジット決済画面にてご決済ください。
• 利用金額は、5,000円以上でお願いします。
• ご利用のカード会社の規約に基づき、所定の支払日に口座から引き落とされます。
• VISA、MasterCard、JCB、American Express、ダイナースが使用できます。

(2)払込取扱票(手数料無料)

寄附申込みの受領後、払込取扱票をお送りします。最寄りの郵便局からお振込ください。

(3)現金書留(郵送料はご負担下さい。)

寄附申込み後に現金書留にて郵送してください。

≪郵送先≫

 〒249-8686

 神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

 逗子市経営企画部財政課

(4)窓口

市役所窓口にてお支払ください。
≪来庁先≫

 〒249-8686

 神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

 逗子市経営企画部財政課 庁舎3階

3 寄附金控除の手続き

 <確定申告をおこなう場合>
 毎年1月1日から12月31日までに行った寄附について、翌年3月15日までに所得税の確定申告を行ってください。(所得税の確定申告を行う方は住民税の申告は不要です。)
 また、所得税の確定申告を行わない方は、住所地の市区町村に住民税の申告を行っていただく必要があります。
<申告特例を申請する場合>
 ご自身で確定申告手続きを行わない給与所得者等の方については、個人住民税課税市町村に対する寄附控除申請を寄附先団体が本人に代わって行うことを要請できる申告特例制度があります(1年間の寄附団体が5団体以下であると見込まれる場合に限る)。
申告特例制度をご希望の方は、申告特例申請書及びマイナンバーに関する添付書類を1月10日までに当庁財政課へご提出ください。
(平成27年4月1日以後に行われるふるさと納税について適用)

※どちらかの手続きをされませんと、税額の控除は受けられませんので、ご注意ください。
 

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:財政課

電話番号:046-872-8133


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi