最終更新日:2020年09月10日

令和元年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率について

 地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき、財政の健全化を判断するための4つの指標(健全化判断比率)と、公営企業ごとに経営状況を明らかにする指標(資金不足比率)についてお知らせします。
 令和元年度決算に基づく市の健全化判断比率と公営企業の資金不足比率は、それぞれ早期健全化基準・経営健全化基準を下回る数値です。
 健全化判断比率のうち、実質公債費比率は5.9%で、前年度6.2%から0.3ポイント減少しています。令和元年度決算では、地方税や普通交付税等の増加により標準財政規模が増加(+84,496千円)したものの、平成27年度借入の臨時財政対策債や平成28年度借入の用地購入に係る一般単独事業債の償還開始等による元利償還金の増加(+52,601千円)などにより、単年度比率は増加しています。3カ年平均は、令和元年度の単年度比率が、算定から外れた平成28年度の単年度比率を下回っていることから、下降しています。
 将来負担比率は、市債の新規発行額の減少による一般会計地方債現在高の減少(△829,024千円)や、財政調整基金残高の増加による充当可能基金の増加(+538,423千円)などにより40.3%と、前年度53.6%から13.3ポイント低下しています。
 今後も、これらの指標や他の財政指標の動向に留意し、健全財政の維持に努めていきます。
 

令和元年度決算に基づく健全化判断比率

                            (単位:%)
比率の区分 令和元年度 平成30年度
本市の比率 早期健全化 
基    準
本市の比率 早期健全化
基    準
実質赤字比率
(赤字額なし)
13.03
(赤字額なし)
13.04
連結実質赤字比率 
(赤字額なし)
18.03
(赤字額なし)
18.04
実質公債費比率 5.9 25.0 6.2 25.0
将来負担比率 40.3 350.0 53.6 350.0

令和元年度決算に基づく公営企業の資金不足比率

                                 (単位:%)
事業会計の名称 令和元年度 平成30年度
本市の比率 経営健全化
基    準
本市の比率 経営健全化
基    準
下水道事業会計 
(資金不足額なし)
20
(資金不足額なし)
20
※下水道事業は令和元年度から公営企業会計へ移行しました。 

各比率の説明

1 健全化判断比率

●実質赤字比率
 一般会計の赤字の程度を指標化し、財政運営の深刻度を示します。
●連結実質赤字比率
 全ての会計を合算して赤字の程度を指標化し、市全体としての財政運営の深刻度を示します。
●実質公債費比率
 借入金の返済額及びこれに準じる額の大きさを指標化し、資金繰りの危険度を示します。
●将来負担比率
 一般会計の借入金や将来支払っていく可能性のある負担などの現時点での残高を指標化し、将来財政を圧迫する可能性が高いかどうかを示します。
 

2 資金不足比率
 公営企業の資金不足を、公営企業の事業規模である料金収入の規模と比較して指標化し、経営状況の深刻度を示します。

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:財政課

電話番号:046-872-8133


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi