最終更新日:2019年12月11日

令和元年度 社会教育講座

学校に適応した「よい子」が日本を終わらせる~「教育の成功」という勘違いを正す
【定員に達しました。ただいまキャンセル待ちを受け付けております】

社会学者の宮台真司さんによる講演会です

講演会チラシ

「損得」への過度なこだわりによる「浅ましさ」が、様々な問題を複雑化・深刻化させてきた日本社会の中で、私たちは子どもたちにどのような未来を託すことができるのでしょうか。
教育の現状を直視し、かげりゆく社会の中で子どもたちがたくましく生き抜くための仕組みと、それらを調達するために必要な「処方箋」について考えます。

●日時:令和元年12月25日(水)10:30~12:30
●場所:市民交流センター2階 第2・第3会議室
●対象:逗子市在住・在勤の方優先(詳細は以下の「お申し込み・お問い合わせ」欄をご覧ください)
●定員:60名
●参加費:無料
 


講師紹介

講師写真

宮台 真司 さん

首都大学東京人文社会学部 人間社会学科教授。社会学者。映画評論家。

仙台市生まれ。京都市で育つ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。社会学博士。
大学院在学中より、サブカルチャーのライターとして活躍。メディアにも数多く出演し、現代社会に潜む問題を鋭く掘り起こし、注目を集める。
社会システム、法、政治、権力、性愛、宗教、教育、学校、郊外化、亜細亜主義、右翼など様々な分野について、独自の視点で論じている。
『14歳からの社会学 これからの社会を生きる君に』『日本の難点』『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』『子育て指南書 ウンコのおじさん』など20冊以上の単著、共著を含めると100冊を超える著書がある。


お申し込み・お問い合わせ

●申し込み受付開始: 
逗子市在住・在勤の方は、令和元年12月2日(月)からお申し込みを受け付けます。(在勤の場合は、勤務先の名称・住所をお知らせください)
定員に達していない場合、令和元年12月9日(月)からは、市外の方も含め、先着順で受け付けいたします。

※定員に達しました。ただいまキャンセル待ちを受け付けています。

●申し込み方法:
 ・
申し込みフォームから こちら ※12月2日より入力いただけます
 ・TEL    046-873-1111(受付時間 平日8:30~17:00)
 ・ファクス 046-872-3115
 ・Eメール   syakaikyouiku@city.zushi.lg.jp
   ・直接逗子市教育委員会社会教育課窓口へ

ファクス、Eメールでお申し込みの場合は、名前、住所、電話番号を記載してください。
3日以内に返信がない場合はお問い合わせください。
※託児(先着5名)は定員に達しました。
手話通訳・要約筆記を希望する人は、12月11日(水)までにお申し込みください。

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:社会教育課

電話番号:046-872-8153


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi