最終更新日:2021年10月11日

令和3年度 社会教育講座

貧困は自己責任か? 生活困窮者を生み出す背景とは

チラシ画像

クリックで拡大します

急激な社会の変化のなかで、家賃の支払いさえ困る人がいます。
貧困は社会構造から生み出されていることを、実態調査や長年にわたる支援活動を通して考えていきます。

●日時:令和3年11月2日(火)10:00~11:30
●場所:逗子市役所5階 第2会議室
●定員:20名程度
●持ち物:筆記用具、マスク(着用をお願いいたします)
●参加費:無料
 


講師紹介

講師顔写真

高沢 幸男さん(寿支援者交流会 事務局長)

1970年群馬県出身。1990年夏より日本三大寄せ場の一つ横浜・寿町に関わるようになる。
1992年12月28日に横浜駅で駅員の野宿者暴行事件を目撃、定期的な取り組みの重要性を痛感し、支援者への呼びかけを行い、寿支援者交流会の結成に参加。1999年事務局長に就任。訪問や相談をはじめとする支援活動、学習会などの啓発活動に取り組み続けている。
これまで、内閣府パーソナルサポートサービス検討委員会構成員、厚生労働省新しい困窮制度人材育成委員、神奈川県ホームレス自立支援実施計画策定会議副座長、横浜市ホームレス総合相談推進懇話会委員、横浜市人権懇話会委員、神奈川県民活動サポートセンター協議会会長、NPO法人ホームレス支援全国ネットワーク理事、一般社団法人インクルージョンネットかながわ代表理事、反貧困ネットワーク神奈川共同代表 などを務める。
 


◎ 新型コロナウイルス感染対策のため、当日の参加に際して以下の事をお願いいたします。
・来館前にご自身の体温を測定してきてください。
・発熱等、体調に不安がありましたら参加はご遠慮ください。
・過去2週間以内に感染者と接触があった方、外国から入国した方は参加をご遠慮ください。

◎感染防止対策の必要が生じた場合、参加者の連絡先を関係機関に提供することがあります。参加者の連絡先は社会教育課で一定期間保管し、期間が過ぎたものは社会教育課が適正に処分します。

◎感染拡大の状況により、講座の開催が中止となる場合があります。
 

お申し込み・お問い合わせ

●申し込み受付開始:令和3年10月1日(金)から 

●申し込み方法:
 ・TEL    046-873-1111(受付時間 平日8:30~17:00)
 ・ファクス 046-872-3115
 ・Eメール   syakaikyouiku@city.zushi.lg.jp
   ・直接逗子市教育委員会社会教育課窓口へ

ファクス、Eメールでお申し込みの場合は、名前、住所、電話番号を記載してください。
3日以内に返信がない場合はお問い合わせください。
手話通訳・要約筆記を希望する人は、10月19日(火)までにお申し込みください。

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:社会教育課

電話番号:046-872-8153


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi