最終更新日:2022年09月13日

令和4年度 社会教育講座

Well-being(ウエルビーイング)~ ご機嫌な場所づくり
【終了しました】

9月10日(土)開催の交流センターフェアで、自然に優しい生活のしかた、昔からの生活の知恵を学びます。

交流センターフェアチラシ表面

■第1部 講演
「植物で地域をつなぐ~心と暮らしを彩る植物のちから~」

葉山町を拠点にコミュニティガーデン運営、農福連携、「葉山和ハーブ手帖」発刊などを通して地域をつなぐHAPP(はっぷ)。現在、約30名の仲間たちが展開する活動のご紹介や葉山和ハーブ入門など、植物の魅力をお伝えします。

日時:9月10日(土)13:30~14:20
講師:大橋 マキさん(一般社団法人はっぷ 代表理事) 
会場:市民交流センター会議室
定員:50人(当日先着・予約不要
費用:無料

■第2部 ワークショップ 
江戸の暑気払いハーブティ「枇杷葉湯(ビワヨウトウ)をつくりましょう」

昔から庭先に植えて食や薬の役割を担ってきた枇杷。江戸期には枇杷葉を使った「枇杷葉湯」というお茶が暑気払いに振る舞われていました。枇杷の効能や活用法を季節の養生法とともにご紹介。猛暑の夏バテ予防としてご自身やご家族のからだを養うオリジナル枇杷葉湯を作ってみませんか?お茶はお持ち帰り頂きますので、ご自宅でも晩夏の一服を味わってください。

日時:9月10日(土)14:30~15:30 
講師:萩原 美智さん(一般社団法人はっぷ 理事)
会場:市民交流センター会議室
定員:20人(先着・要申し込み※申し込み先は以下を参照ください。
費用:1000円(材料費込み)
 


◎ 新型コロナウイルス感染対策のため、当日の参加に際して以下の事をお願いいたします。
・来館前にご自身の体温を測定してきてください。
・発熱等、体調に不安がありましたら参加はご遠慮ください。
・マスクの着用にご協力をお願いいたします。

◎感染拡大防止対策の必要が生じた場合、参加者の連絡先を関係機関に提供することがあります。

お申し込み(第2部)・お問い合わせ

HAPPロゴマーク

第2部ワークショップは申し込みが必要です。

●申し込み受付開始:令和4年9月1日(木)午前9時から ※終了しました。

●申し込み先:市民交流センターへ

●申し込み方法:
 ・TEL    046-872-3001
 ・ファクス 046-872-3003
 ・Eメール   ac-center@zushi-psc.org
   ・直接市民交流センター窓口へ

※ファクス、Eメールでのお申し込みは、氏名・年齢・メールアドレス・電話番号を、お知らせください。
 


主催:市民交流センター、社会教育課

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:社会教育課

電話番号:046-872-8153


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi