災害弔慰金・災害障害見舞金・災害援護資金について

 月 日に発生した   において災害救助法が適用されたため、災害弔慰金・災害障害見舞金の支給及び災害援護資金の貸付けを行います。

災害弔慰金

 
1.対象者 被害を受けた当時、逗子市に住民登録を行っていた方で、災害により死亡(*行方不明を含む以下同じ)した方のご遺族
   (*災害に遭った後3カ月生死がわからない場合)
2.支給の範囲・順位 (1)配偶者(2)子(3)父母(4)孫(5)祖父母
3.支給額  生計維持者*が死亡した場合500万円(*住民票の世帯主とは異なる場合があります)
その他の方が死亡した場合250万円
※死亡者が、その死亡に係る災害に関し既に災害障害見舞金の支給を受けている場合は、これらの額から当該支給を受けた災害障害見舞金の額を控除した額になります。

4.支給手続き  以下の調査を行います。必要書類の提出を求める場合があります。
・死亡者(行方不明者を含む以下同じ)の住所、氏名及び生年月日
・死亡の年月日及び死亡の状況
・死亡者の遺族に関する事項
・支給の制限に関する事項
・その他必要と認める事項

※災害による死亡がその死亡した者の故意は又は重大な過失によるものである場合その他これを支給することが不適当な場合は支給されません。

 

災害障害見舞金

1.対象者 被害を受けた当時、逗子市に住民登録を行っていた方で、この災害により以下の障がいのある方

 一 両眼が失明したもの
 二 咀嚼そしやく及び言語の機能を廃したもの
 
三 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
 四 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
 五 両上肢をひじ関節以上で失つたもの
 六 両上肢の用を全廃したもの
 七 両下肢をひざ関節以上で失つたもの
 八両下肢の用を全廃したもの
 九精神又は身体の障害が重複する場合における当該重複する障害の程度が前各号と同程度以上と認められるもの

2.支給額 生計維持者 250万円
        その他の者 125万円
3.手続き 医師の診断書(第1号様式)を提出。
       以下の調査を行います。必要書類を求めることがあります。
     (1)障がい者の住所、氏名及び生年月日
     (2) 障がいの原因となる負傷又は疾病の状態となった年月日及び負傷又は疾病の状況
     (3)障がいの種類及び程度に関する事項
     (4)支給の制限に関する事項
     (5)そのほか必要と認める事項


対象者の故意または重大な過失であるものである場合その他これを支給することが不適当な場合は支給されません。

災害援護資金の貸付

災害により被害を受けた世帯の世帯主に援護資金の貸付を行います。被害状況により貸付額が異なります。連帯保証人が必要です。
被災した日の翌日から3月以内に申込をしてください。
貸付限度額の詳細
被害の種類・程度及び貸付限度額 家財及び住居に損害のない場合 家財のおおむね1/3以上が損害をいけた場合 住居が半壊の場合(建て直すにあたり残存部分を取り壊さざるを得ない場合) 住居が全壊の場合 住居の全体が滅失・流失の場合
世帯主が負傷し療養期間がおおむね1カ月以上の場合 150万円 250万円 270万円(350万円) 350万円 350万円
世帯主におおむね1カ月以上の負傷がない場合   150万円 170万円(250万円) 250万円
(350万円)
350万円

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:社会福祉課社会福祉係

電話番号:046-873-1111(代表)(内線211・212)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi