最終更新日:2020年01月17日

災害義援金

≪準備中≫ 
令和元年台風第19号で被災された世帯を対象に災害義援金を支給します


令和元年台風第19号について、神奈川県、日本赤十字社神奈川県支部及び社会福祉法人神奈川県共同募金会が義援金を募集し、その一部について逗子市へ配分がありましたので、「令和元年台風第19号災害義援金神奈川県配分委員会」で決定した基準に基づき、被災された世帯へ支給します。

支給方法等は現在調整中ですが、令和2年2月から3月にかけて、罹災証明書の発行に基づき、全壊、半壊、一部損壊、床上浸水の被害にあわれた世帯へ手続きに関するお知らせを送付する予定です。

 ※詳細が決定しましたら、随時、本HPでご案内させていただきますので、しばらくお待ちください。

 ※義援金の交付申請には、罹災証明書が必要となります。
  罹災証明書の発行手続きがお済みでない方は、予めご準備くださいますようお願いいたします。

  罹災証明書の発行・問い合わせ 逗子市消防本部消防予防課 電話046-871-4326(逗子市桜山2-3-31) 
                 (受付時間 8:30~17:00 土、日、祝日を除く)   

 

対象災害

令和元年台風第19号

 
罹災証明書で台風第19号により被害を受けたことを確認できることが必要です。
 ※台風第15号単独の被害の場合には、対象になりません。

対象者

台風第19号で、住家(※)の被害を受けた世帯の世帯員(逗子市に住民票がある方)へ義援金を支給します。

※住家とは、日常から居住のために使用している建物をいいます。門や塀、物置等は対象外です。
 また、住宅の所有者であっても居住していない場合(貸家の大家、オーナー等)や別荘、事業所や倉庫等の
 非住家は対象になりません。

配分対象・金額(詳細未定)

「令和元年台風第19号災害義援金神奈川県配分委員会」の配分算定基礎(※)に基づき、「逗子市災害義援金配分委員会」で協議します。

※《参考》配分算定基礎
 ●半壊  ・・・1世帯あたり 10万円
 ●一部損壊・・・1世帯あたり  2万円

  なお、逗子市では、台風第19号による死者、重傷者、全壊、床上浸水は把握しておりませんが、該当する場合にはお問い合わせください。
 

罹災証明書について

義援金の交付申請には、罹災証明書が必要となります。
罹災証明書の発行手続きがお済みでない方は、予めご準備くださいますようお願いいたします。

  罹災証明書の発行・問い合わせ 逗子市消防本部消防予防課 電話046-871-4326(逗子市桜山2-3-31)
                (受付時間 8:30~17:00 土、日、祝日を除く)

 

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:社会福祉課社会福祉係

電話番号:046-873-1111(代表)(内線211・212)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi