最終更新日:2021年09月21日

2021(R3)年度

フェアトレードタウン連続講座
~サスティナブルな社会のために私たちができること~

【第2回】※終了しました
企業によるフェアトレードタウンへの取り組みを知る
~ニカラグアのごまとコーヒー~

チラシ

スケジュール(内容)

  開催日 ゲスト
  第2回  9月18日(土)
 14:00~16:00
三厨 幸治 さん
(九鬼産業株式会社)
角澤 要 さん
(齊藤コーヒー株式会社)

◆講演概要

フェアトレード商品を開発し、全国のフェアトレードタウンと連携してフェアトレード普及の取り組みを行なっている企業の方々をゲストに迎え、フェアトレード製品がどのように作られるのかや、現地の様子、気候変動への影響、企業としてフェアトレードに取り組む意義などについてお話いただきます。

◆プロフィール

九鬼産業株式会社
明治19年創業、三重県四日市に本社を置く、ごま製品の製造と販売を行う総合メーカー。「生産を通じた社会奉仕」を理念とし、海外の生産者とのフェアトレードや契約栽培も行っています。フェアトレードのごまを通して、生産者とのパートナーシップを築き、生産者の生活環境等の向上を継続して目指しています。
本市では、5月のフェアトレードデーや7月のタウン認定記念日に市立小中学校の給食で九鬼産業の国際フェアトレード認証ニカラグア産の白いりごまを使用しており、市内の店舗でも商品が取り扱われています。
          
齊藤コーヒー株式会社
名古屋市のフェアトレードを実践しているコーヒー・ロースター。各国輸入コーヒー生豆の焙煎加工販売等を行っており、フェアトレードを事業の一環として取り組まれており、国際貢献や、社会貢献を新しいビジネスモデルとして構築を行っています。
逗子フェアトレードタウンの会を中心に逗子の市民有志が企画開発し、2021年5月にリニューアル販売した「ZUSHI COFFEE」に、斎藤コーヒーの国際フェアトレード認証ニカラグア産の珈琲豆が使用されています。

◆当日の流れ(予定)

 13:30~  受 付
   14:00~  開 会、講演 
   15:30~  講演質疑 
   15:50~  閉 会等 
 

オンライン受講について(参加要件など)

【使用するツール】
オンラインミーティングツール「Zoom」
【配信方法】
当日、会場にて講義する講師の音声及び使用する資料(パワーポイント等)を配信します。
※質問等についてはチャット機能にてお受けしますが、必ずしもすべての質問にお答えできかねますのでご了承ください。
【参加要件】
(1)主催者が配信画面を録画することへの承諾
 主催者がZoomの配信内容を録画いたします(録画内容は広報等で使用する場合があります)。
 ※講演中は画面表示オフ可
(2)グループディスカッション時の画面表示をオン(ご自身の顔を画面に表示)にすることへの承諾
 講座後半に、Zoom上で参加者同士の交流を目的とした意見交換の時間を予定しています。
【入室方法の案内】
オンラインでの受講を申込いただいた皆様には、講座の前日までに市民協働課からメールで、Zoom会議室への入室方法の案内をメールします。
・会議室への入室時は、参加者表示名を「申込者のフルネーム」にしていただきます。入室後はお好きな名前に変更していただいて構いません。
【配信についてのご注意点】
インターネット接続に関する技術的質問についてはお答えしかねますので、ご理解ください。
・配信する講義内容の録音・録画はご遠慮ください。
 

お申込み等について

費 用:無料 

定 員:先着50人 ※多数の場合は市内在住者優先

申込方法:9月1日(水)8:30以降 (1)住所、(2)氏名、(3)電話番号、(4)メールアドレスを、市ホームページ申込フォーム、電話・FAXで、または市民協働課窓口へ
※締め切りました

主 催:逗子市・逗子フェアトレードタウンの会

【申込み・問合せ】
市民協働課 市民協働係
TEL 046-872-8156(直通) FAX 046-873-4520
※市役所3階 平日 8:30~17:00 受付( 土・日・祝日 除く)
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【第1回】(終了しました)
限界へ向かう地球環境と私たちの未来
~エシカルから考える気候変動、生物多様性、SDGs~

チラシ画像表
チラシ画像裏

スケジュール(内容)

  開催日 講 師
  第1回  7月17日(土)
 14:00~16:00
古沢 広祐 さん
(國學院大學研究開発推進機構客員教授)

◆講演概要

地球環境、気候変動、コロナ禍、マイクロプラスチック、貧困、格差、SDGs…。
私たちが生活する世界・地球は大きな転換点にあるようです。こうした世界と地球の課題について、最先端の問題意識と地球の来るべき未来へ向けて、『サステナブルな社会のために私たちができること』、私たちが気づき、取り組むべきことについてお話しします。

◆講師プロフィール

古沢 広祐(ふるさわ こうゆう)さん
國學院大學研究開発推進機構客員教授。
大阪大学理学部(生物学科)卒業、京都大学大学院農学研究科(農林経済)農学博士。
國學院大學経済学部(経済ネットワーキング学科)教授を定年退職後、現職。
NPO「環境・持続社会」研究センター代表理事ほか複数のNGO・NPOの役員を務める。
最近著に、『食・農・環境とSDGs~持続可能な社会のトータルビジョン』農文協、『みんな幸せってどんな世界』ほんの木、『エシカルに暮らすための12条』週刊金曜日・連載コラム(kindle電子版)、 共著に、長坂寿久編著『フェアトレードビジネスモデルの新たな展開』明石書店など多数。最新刊に、小中学生向け環境問題シリーズ4冊「食品ロス」「マイクロプラスチック」「生物多様性」「エシカル消費」(金の星社)を監修。
 

◆当日の流れ(予定)

13:30~ 受付
14:00~ 開会、講演(90分)
15:30~ 講演質疑(20分)
15:50~ 閉会等(10分)
※講演時間の変更に伴い、当初予定しておりましたグループディスカッションは今回行いませんので、ご了承ください。
 

オンライン受講について(参加要件など) 

【使用するツール】
オンラインミーティングツール「Zoom」
【配信方法】
当日、会場にて講義する講師の音声及び使用する資料(パワーポイント等)を配信します。
※質問等についてはチャット機能にてお受けしますが、必ずしもすべての質問にお答えできかねますのでご了承ください。
【参加要件】
主催者が配信画面を録画することへの承諾
 主催者がZoomの配信内容を録画いたします(録画内容は広報等で使用する場合があります)。
 ※講演中は画面表示オフ可

【入室方法の案内】
オンラインでの受講を申込いただいた皆様には、講座の前日までに市民協働課からメールで、Zoom会議室への入室方法の案内をメールします。
・会議室への入室時は、参加者表示名を「申込者のフルネーム」にしていただきます。入室後はお好きな名前に変更していただいて構いません。
【配信についてのご注意点】
インターネット接続に関する技術的質問についてはお答えしかねますので、ご理解ください。
・配信する講義内容の録音・録画はご遠慮ください。
 

お申込み等について

費 用:無料 

定 員:先着50人 ※多数の場合は市内在住者優先

申込方法:7月1日(木)8:30以降 (1)住所、(2)氏名、(3)電話番号、(4)メールアドレスを、市ホームページ申込フォーム(受付は終了しました)、電話・FAXで、または市民協働課窓口へ
※定員に満たない場合は、前日の7月16日(金)11:00まで申込を受付けます

主 催:逗子市・逗子フェアトレードタウンの会

【申込み・問合せ】
市民協働課 市民協働係
TEL 046-872-8156(直通) FAX 046-873-4520
※市役所3階 平日 8:30~17:00 受付( 土・日・祝日 除く)
 
 

この情報に関するお問い合わせ先

市民協働部:市民協働課市民協働係

電話番号:046-872-8156


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi