食品ロス(フードロス)をなくそう

食品ロス(フードロス)とは?

 食べ残しや賞味期限切れなどで、食べられたはずなのに捨てられている食べ物のことを食品ロス(またはフードロス)と言います。この食品ロスは、日本全国で約646万トンにも上ると言われています。(農林水産省 2015年推計値)
 このうち、家庭から出されている量は289万トン、半分に迫る量です。食品ロスを減らすために、家庭でも「もったいない」を意識して、食べ物を無駄なく消費するようにしましょう。

家庭でできること

買い物前に冷蔵庫をチェックしましょう

買い物の前には食品の在庫を確認し、必要なものだけを買うようにしましょう。値段が安いからといって買いすぎると、結局使い切れずに食材を腐らせてしまう原因にもなります。また、買ったものは使い切る、食べきるようにしましょう。

賞味期限を正しく理解しましょう

食品の期限表示には「消費期限」と「賞味期限」の二種類があります。

消費期限…品質の劣化が早い食品に表示されている「食べても安全な期限」。超えたものは食べないほうが安全です。
賞味期限…品質の劣化が比較的遅い食品に表示されている「おいしく食べられる期限」。それを超えてもすぐに食べられなくなるわけではありません。見た目や臭いなどで個別に判断しましょう。

※一度開封したものは、期限にかかわらず早めに食べましょう。

残った食材は工夫して調理しましょう

食べ残しを減らすため、料理は食べられる量だけ作るようにしましょう。食べきれずに残ってしまった場合は、別の料理に活用するなど、食べきる工夫をしてみましょう。

消費者庁では、「食材を無駄にしないレシピ」を紹介していますので、参考にしてみてください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/recipe/

外食時にも工夫を

予想外に量が多かったり、知らずに嫌いな食べ物が含まれていた、などの理由で食べきれない場合があるかもしれません。それを減らすために、次のような工夫をしてみましょう。
・小盛メニューがあれば利用する。
・料理を注文する際にボリュームを確認し、食べきれないかもと思ったときは少な目にできるかお願いする。
・セットメニューの中に食べられない物があれば、注文の際にあらかじめ抜いてもらう。

また、量が多すぎて残してしまった場合には、持ち帰りができるかどうか、お店に確認してみましょう。

大人数での宴会などの際にも、食べきれる量を注文するようにしましょう。

3010(さんまるいちまる)運動にご協力ください

 3010運動とは、宴会等から出る食べ残しを減らすため、飲食店での会食や宴会時には、最初の30分と最後の10分は自分の席で食事を楽しみ、食べ残しを減らそう!という運動です。
 宴会幹事さんには、はじめのあいさつ・終わりのあいさつ時に、3010運動の呼びかけをお願いします。ひとりひとりが食への感謝や「もったいない」という気持ちを持って、楽しく美味しく宴会等を楽しみましょう。
 

この情報に関するお問い合わせ先

環境都市部:資源循環課

電話番号:046-872-8126


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi