最終更新日:2021年04月15日

「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」への提案を行う事業者を募集します

趣旨

 観光庁では、新型コロナウイルス感染症の影響により危機的状況にある観光拠点が面的に再生できるような施設改修・廃屋の撤去などの取り組みを短期集中で強力に支援することで、新型コロナウイルスの影響を乗り越え、地域全体の魅力及び収益力の向上を図ることを目的とし、「既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業」を募集しています。
 つきましては、本市と連携し、本事業を提案する事業者について、以下のとおり募集いたします。

募集

1 事業内容
 観光庁で公募している「既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業」に即した取組で、本市に効果が表れるもの。テーマは、「ワーケーション」「関係法人・関係人口」の創出とします。
 補助対象メニューはすべてを対象としますが、補助率1/2や定額の事業については、宿泊事業者や民間事業者など自らが事業費を負担する場合に限る。

2 事業費
 上限5.0億円(税込)
 ※複数の補助事業を組み合わせた場合
 
3 提案件数
 1事業者あたり1件

提出書類

提出期限

令和3年4月21日(水)17時

提出先

逗子市経営企画部企画課企画係へメールで送付してください。
件名の冒頭を【観光庁補助金】としてください。
メール送付後、メールを送付した旨電話連絡してください。

e-mail:kikaku@city.zushi.lg.jp
電話番号:046-873-1111(内線312)

その他

・観光庁への申請主体は本市を想定しております。
・提案いただきました内容が、市の取り組みの方向性と合致している場合に、申請させていただきます。
・提案いただきました内容は、確認させていただき修正等をさせていただく場合がございます。
・補助金が交付された場合は、随意契約の手法で提案事業者に事業を委託する予定です。(観光庁公募要領の範囲内)
・観光庁から補助金が交付されない場合は、事業は実施しないものとします。事業の詳細については、公募要領やスケジュールをご参照ください。
・補助金の交付決定後、市の予算計上は9月の補正予算を予定しており、補正予算議決後(9月下旬)に事業着手するものとしてください。
・逗子市から申請する件数は1件の予定です。

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:企画課企画係

電話番号:046-872-8163


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi