最終更新日:2021年07月20日

逗子市内の医療機関でワクチンの廃棄処分が発生しました(2例目)

 令和3年7月19日(月)、逗子市の新型コロナウイルスワクチンの個別接種を実施している医療機関で、ワクチン21バイアル(126回分)が再冷凍された可能性があるため、廃棄処分となりました。

1.経緯
 個別接種を行う医療機関には、逗子市役所から冷蔵でワクチンを移送しています。7月16日(金)にワクチンを受け取った医療機関が、ワクチンを冷蔵庫の冷蔵室に入れましたが、19日(月)の朝に確認したところ、ワクチンのうち一部のバイアルが凍結していたため、廃棄しました。なお、ワクチンは使用していません。また、19日(月)に使用するワクチンは直ちに市から移送しています。

2.原因
 この医療機関が使用していた冷蔵庫は、冷却用のパイプがある奥の壁付近に物体を置くと、凍結するおそれがありました。ワクチンは奥の壁付近に置かれており、再冷凍となってしまった可能性が高いと思われます。

3.再発防止策
 この医療機関において、ワクチンの冷蔵室内の保管場所を変更するとともに、市においては、今回の事例を医療機関と共有し、適正な管理を求めます。

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:国保健康課健康係

電話番号:046-873-1111(代表)(内線:231~234)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi