最終更新日:2020年04月13日

「ひきこもり」で悩んでいる人への情報

人

 「ひきこもり」は誰にでも起こりうることであり、特別なことではありません。精神的な障がいや病気が影響してひきこもる場合があります。背景に病気がある場合には、病気が分かればどう対応したら良いのかが分かることもあり、状態が改善されるかもしれません。
 今までとは違う、気になることがある、という場合は、一度相談してみてください。ご本人だけでなく、ご家族が誰かに相談することが、ご本人の相談のきっかけにもなります。


講演情報

市内や近隣市町村で開催される、「ひきこもり」に関する講演会の情報を掲載します。
※申込が必要な場合や、延期・中止になる場合もあるので、参加の際は事前に主催者に確認をお願いします。

「ひきこもり」支援

地域の相談窓口

(生活困窮者自立支援制度)
逗子市桜山5-32-1
電話:046-876-6222 専用メールsoudan@zushi-shakyo.com
鎌倉市由比ガ浜2-16-13
電話:0467-24-3900(代表) FAX:0467-24-4379

地域の支援団体(NPO等)

 地域には支援団体があります。ご家族同士でつながることや、ご本人が同じような悩みを持つ人とかかわりを求めている場合は参加してみるのも良いでしょう。
*紹介している団体の情報は、市がその内容を保証、推薦するものではありません。利用する方が、各団体などに問い合わせ、内容、費用、参加条件、対応などを確認のうえ納得してから利用してください。

逗子市内

名称 対象者 相談 居場所 自立
支援
親の会 その他
NPO法人
遊悠楽舎
不登校になっている・ひきこもっている状態の人  ◆    ◆    
ゆずり葉の会 不登校になっている・ひきこもっている状態の人、家族       講演会
ひきこもり発信プロジェクト 不登校になっている・ひきこもっている状態の人・経験者・家族・支援者、居場所に関わる人、教育関係者、組織の人事担当者、障がいに関わる人、マイノリティ理解の推進に関わる人、関心のある人など         不登校、「ひきこもり」の経験者による講演会
ホームページリンク先
 電話:046-873-7859 メール:hidehiro34166848@wonder.ocn.ne.jp

逗子市外

名称 対象者 相談 居場所 自立
支援
親の会 その他
カマクラ
「風の谷」
不登校になっている状態の子どもの親、不登校に関心のある人        ◆ 家族からの相談
鎌倉会
(ひきこもり者の家族会)
ひきこもっている状態の人の家族
(対象年齢に制限なし)
       ◆  
連絡先
カマクラ「風の谷」       電話 0467-22-2771(FAXも同じ番号)
鎌倉会(ひきこもり者の家族会) 電話 090-7249-4890

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:社会福祉課地域共生係

電話番号:046-873-1111


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi