最終更新日:2022年10月05日

逗子アートフェスティバル(ZAF)

公式WEBサイトはこちら
最新情報は公式TwitterやInstagram(いずれも@zushi_artfes)
で確認できます。

逗子アートフェスティバル(ZAF)の位置づけ

逗子アートフェスティバルは、逗子市総合計画における「リーディング事業」であり、逗子市文化振興条例に基づく逗子市文化振興基本計画に掲げた基本方針「地域の文化を市民の手で拓く」を具体化するものとして位置づけられています。

逗子アートフェスティバル(ZAF)が目指すもの

逗子アートフェスティバルは「芸術文化活動による地域の活性化」を目的に、「地域に住むすべての人が、地域社会で、共に学び、共に育つ=共育」をテーマとして、将来の更なる少子高齢化を見据え、アートをハブにしたまちづくりを通して自立した地域コミュニティを形成することと、アートによるシティプロモーションをきっかけとした逗子市への移住促進を目標としています。
市民と市の協働により行う事業で、逗子アートフェスティバル実行委員会が主催、逗子市及び逗子市教育委員会が共催し、市内外からの有志による逗子アートネットワークが企画・運営を担っています。

逗子アートフェスティバル2022(ZAF2022)

ZAF2022

逗子のまちづくりに関心を持ち、ZAFの継続を求める有志が結成した市民団体「逗子アートネットワーク(ZAN)」が、今年も逗子アートフェスティバルの企画運営を行います。

コロナ禍であっても、アートを通じた人や地域とのつながりを絶やさないよう、「生活とアートと」をテーマに今年も市内各所で開催します。市内を散策しながら、ぜひお越しください。


ZAF2022パンフレット①
ZAF2022パンフレット②

ZAF2022チラシ

2年以上に及ぶコロナ禍は人々の仕事や生活に困難をもたらしています。
皆様いかが過ごされていますでしょうか?我が街の近況として、制限はあるものの逗子に必要なイベントも少しずつではありますが戻ってきています。

2020年からはテーマを「生活とアートと」とし今年で3年目です。コロナ禍、否応なしに私たちの生活は変わりました。
開催を止めなかったのは続けて行くことに意味があると思うからであり、今年もアートを通して生活とは生きるとは、アートとはなにか?を表現することを続けて行きたいと考えます。

逗子アートネットワーク共同代表
長島 源・中島 文子・たかけろ


開催日時:2022年(令和4年)10月8日(土)~11月25日(金)
開催場所:市内各所(逗子文化プラザ、池子の森自然公園400mトラック ほか市内各所)

主催:逗子アートフェスティバル実行委員会
共催:逗子市/逗子市教育委員会
企画運営:逗子アートネットワーク(池子の森の音楽祭実行委員会/Bowlineプロジェクト/逗子アートフィルム ほか)
協賛:(50音順)菊池地所株式会社/クリエイターのためのSNSある・みる/株式会社サニーセント/住和不動産株式会社/株式会社誠行社/SOMPOケアラヴィーレ東逗子/ねもと歯科クリニック/株式会社パブリックサービス/医療法人メディスタイル
協力:(50音順)湘南ビーチFM/逗子文化プラザ市民交流センター/逗子文化プラザホール/明治安田生命保険相互会社

プレ企画『海のほとり美術館』

海のほとり美術館

2022年5月22日(日)〜6月5日(日)まで、小坪飯島公園プールで開催しました。

→公式WEBサイトはこちら


この情報に関するお問い合わせ先

市民協働部:文化スポーツ課

電話番号:046-872-8157


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi