今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2022年03月23日(水)

令和3年度第1回子育てネットワーク会議を開催しました

‟只今子育て中”の皆さんの声を聞かせていただく場として、平成27年度からスタートした子育てネットワーク会議。
今回は「コロナウイルス感染拡大により変わったライフスタイル・ワークスタイルと子育てについて」をテーマに、3名のママたちに、コロナ禍での子育てや逗子での暮らしについて語っていただきました。感染拡大防止のため、初のオンライン開催です!

コロナ禍での子育てや暮らしで一番大変だったことは何ですか?

感染拡大防止のため、「3密の回避」など普段の行動にも制限がかかったこの2年。
「妊婦健診やパパママ準備クラスも本当は夫に同伴してほしかったが、ひとりで参加。はじめての出産ということもあり、寂しく不安だった」「子どもの幼稚園見学に行きたいが、園庭開放や見学の中止などで、実際の園の様子を見ることができず、困っている」
など、子どもとの暮らしにもさまざまな影響が出たことがわかりました。

公共施設の閉鎖や休校など子どもを家庭でみなくてはいけない期間、どうやって乗り越えた?

「外出したくても行く場所もなく、赤ちゃんとふたりで家にずっといると鬱々とした気分になってきて、苦しい時期だった」「逗子の子育て情報をいろいろ集めたが、例年なら開催しているイベントもコロナで中止になっていたりして、うまく情報をつかめなかった」など、外出の制限は大きなストレスになっていた様子。

どうやってつらい時期を乗り越えましたか?という質問には「図書館のおはなし会や、ほっとスペース、子育て支援センターなどが人数制限はあるが再開してきており、リフレッシュできるようになった」「子育て支援センターに行き、親身になって話を聞いてくれるスタッフや、ママ同士の会話の中から情報を得ることができた」などの経験談が。

また、「体験学習施設スマイルによく行くが、最近は外で遊ぶ子どもたちの姿をよく見かける。自然を残しつつ、園内にカフェを併設するなど公園としてもよく整備されていて、いい場所だと思う。乳幼児だけでなく、小・中学生の居場所としても、活用ができたらいいと思う」との意見も。まだまだ制限が続く中ではありますが、自分に合ったリフレッシュ方法を見つけて乗り切っていきたいですね。

コロナによる変化で、逆に良かったことは?

コロナにより私たちの生活は大きく変わりましたが、大変なことがある一方、よかったこともあるのでは?という質問には「Zoomなどのオンラインツールが普及し、時間や場所を気にせずつながれるようになった」「遠出ができなくなったぶん、家の近くや家族と過ごす時間が増え、自分の内面にも目を向けるいい機会になった」などの意見が。

逗子の情報発信について

・ママたちはちょっとした立ち話や口コミから情報を得ることも多い。市が一方的に情報発信をするだけではなく、情報が必要な人に広く行き渡るよう、工夫が必要。
・子育て情報がいろいろあっても、それらがうまく活用されていないと感じる。必要な情報がパッとみてすぐわかるような状態にするにはどうしたらいいか、考えていきたい。
などのアドバイスをいただきました。

いただいたご意見を参考に、今後、どのようなウィズコロナの暮らしをめざしていくのか、考えていきます。
今後も子育てネットワーク会議は開催していきます。
参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!

2022/03/23 14:45 | 未分類

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。3才と7才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


えつえつ

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
小3と年長の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi