今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2019年09月30日(月)

お子さんと一緒に、楽しみながら平和について考えてみる「ずし平和デー」

えがおレポーターのおひさまです。
2019年8月22日(木)から26日(月)にかけて逗子文化プラザホール、市民交流センターで行われた「2019 ずし平和デー」についてレポートします。

「ずし平和デー」では、平和を願う様々な団体の方が集まり、講演会や展示会、逗子のダンス教室のお子さんも参加される歌やダンスのコンサート、子ども向けの親子映画会やワークショップなどが開催されています。
2011年から始まり、今回で9年目になるので、参加したことがある、パンフレットを見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
*「2019 ずし平和デー」に行われたイベント一覧はこちら
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/simin/heiwa/2019zushiheiwaday.html
事務局の小野さんにお会いして、お話を伺いました。

-------------------------------------
●どういった経緯でずし平和デーのイベントを始められたのですか?
もともとは、地域のみなさんを中心に実施されていた、今年32回を迎える「親子映画会」が始まりでした。
20回目に逗子文化プラザホールで上映した時に、逗子の全域からお子さんが参加してくださったことで、映画会だけでなく逗子から発信する平和についてのイベントとしてやりたいねという話が出て、それから毎年開催しています。

原田真二さんと被爆者 福島富子さんの対談原田真二さんと被爆者 福島富子さんの対談

●今はたくさんの平和を願う団体の方が参加されていますね。
逗子や葉山で平和について活動している団体やグループが参加してくださっています。
最初は参加するだけで、実行委員会が取りまとめ役を担ってやっていましたが、今は各団体の人とも繋がりができ、アイデアを出し合ったり、助け合ったりして、一緒に運営を行なえるようになりました。
若い人が多い団体の方から、SNSの使い方を教わったりもしていますよ。あらゆる世代の人が楽しく、気軽に参加できる雰囲気づくりを大切にしています。

折り鶴で有名な佐々木禎子さんの甥、佐々木祐滋さんの講演会折り鶴で有名な佐々木禎子さんの甥、佐々木祐滋さんの講演会

●来年10周年を迎えられますが、今後、どんなイベントになっていってほしいですか。
今、ずし平和デーを中心に、地域の人と人、様々な世代の人の繋がりができていると思います。こういった人との繋がりが平和を作っていくんだと感じています。
平和という誰しもが願っているテーマを真ん中にして、みんなで協力して、一つのことを作り上げていく素晴らしさを体験できる場として、未来に繋いでいきたいと願っています。平和を一緒に考えてくれる人、団体の方が新たにどんどん入ってきてほしいと思います。ぜひ一緒にやりましょう!

事務局の小野さん事務局の小野さん

●「えがお」読者の方に一言お願いします。
先日、自分が小さい頃、親子映画会を見ていて、今度は子どもを連れてきましたという人に会い、本当に嬉しく思いました。
難しいことがわからなくても「平和のイベントに行ったんだよ」と、お子さんがちょこっと平和について考えられて、次世代に伝えていくきっかけの場所になれば嬉しいです。
平和について考えるのは堅苦しいことではなくて、まずはお子さんと笑顔で遊ぶことから始まると思います。お父さん、お母さんが”えがお”でいることがお子さんにとって一番大事だと思います。
-------------------------------------

子ども向けのイベントの一つ、「ピースフル★ダンボール」にお邪魔してみました。ずし平和デーのロゴマークをデザインした、ASOBIJUTSU主宰の田中たまさんのワークショップです。
ワークショップはピースマークをダンボールで作ってペンダントにするというもので、会場にはダンボールで作った被り物や紙芝居もあり、子ども達は思い思いに楽しんでいました。

ずし平和デーの期間中、文化プラザギャラリーでは「原爆と人間展」が開催されました。たくさんの方が展示を見たり、折り鶴を折っていました。赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしながら、展示を熱心に見ている若いお父さんの姿が印象的でした。
主催の逗子市被爆者の会の方は被爆証言活動もされていて、逗子市内の小学校では、子どもたちが被爆証言を聞く機会が設けられているそうです。
被爆証言は逗子市のホームページで読むことができます。
*被爆証言 〜語り継ぎたい〜
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/simin/heiwa/shougen.html

2019/09/30 16:33 | イベント

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。1才と5才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


え

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
年中と2歳の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi