今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2022年08月30日(火)

「こども発達支援センターひなた」訪問・子育て相談記

こんにちは。ハナコです。
逗子市で子育てをする人に配られている「ずし子育て情報誌」の40・41ページには、子育てに悩む方のための相談機関が掲載されています。
今日は、逗子の子育て・療育支援施設 『こども発達支援センターひなた』 訪問レポートです。

 現在、私は4歳と8歳になる姉妹の子育て中。最近の子育ての悩みは、4歳次女の頻繁な癇癪(かんしゃく)です。
長女に比べて、生まれてからこれまであまり手がかからず育ってきた次女ですが、3歳ごろから自我が芽生え、最近は毎日の癇癪(かんしゃく)で悩まされるようになりました。
 姉妹の喧嘩も年々活発になってきたため、なるべく喧嘩の種が生まれないようにと自宅でそれぞれのスペース分けをしたのが逆に悪かったのか、次女が「自分だけのスペース」に固執するようになり、自分のスペース内に置いてあるものを少し掃除のために動かすと、本人が気づいた瞬間から果てしない怒りと癇癪(かんしゃく)と「きれいじゃないきれいじゃない」が始まります・・・。朝は登園前に着替えのため自分のスペースに行って服を選ばせると、これまた何が気にいらなかったのか「(部屋が)きれいじゃないきれいじゃない」が始まります。
 毎日この調子で、私も大きな声を出して子どもと言い合いをすることが増えて、子育ての疲労がピークにきたことを実感し、「どこか相談できるところはないかな!?」と思い、『ずし子育て情報誌』を見てみました。
 母子保健相談や子育て支援センター、療育相談といくつか載っている中で、「癇癪(かんしゃく)は発達に関わることかしら?」と思い、『こども発達支援センターひなた』に電話をしてみることに。

 電話では、担当の方が丁寧に事情を聞いてくださり、私の思いを理解してくださりながら、日々の育児について労いの言葉とともに、電話で話した内容からの解決案やアイデアを提言してくださいました。また直接子どもと「ひなた」に訪問をして、子どもの様子を見ながらのアドバイスもできるとのことだったので、予約をして後日訪問しました。
 
 私としては、次女の癇癪(かんしゃく)は本人だけの特性によるものなのか、姉妹としての関わりも関係しているのか見てもらいたかったので、姉妹と私の3人で訪れ、姉妹の遊ぶ様子を観察してもらいながら、別室で接し方や関わりのアドバイスをいただきました。

 心理士さんや、相談員さんが丁寧にお話を聞いてくださり、どうにか子育ての負担が少しでも軽くなるように、親子が良い関係で生活できるようにと、母親の気持ちも汲みながら、子どものためにもよい方法を一緒に考えてくださる時間は、とてもありがたく、ほっとする時間でした。
 

【ひなたファイル】子どもの様子やこれまでのことなどを書き込んで、親が子どものことを理解できるように、お子さんの成長を応援する全ての人たちの共通理解のもと、一貫した支援ができるようにと、作られたものだそうです。いろいろ思い出しながら書き込んでいこうと思います。

 正解やすぐに結果がでるような解決法はなく、トライ&エラーの繰り返しのような子育てを、食事作りやおむつ替えなどだけでなく、心身の成長や発達を真横で常に見ていく、心身のお世話は本当に大変だなぁと毎日実感しています。
 そんな中でも、「困ったことがあったらお話を聞きますよ」と言ってくださる子どもの発達専門の方がいることを知っておくと、少しでも子どもに接する気持ちが楽になりますね。
今後も子どもの様子を見ながら、困った時は専門機関にも相談をして子育てをしていこうと思います。
 今回の体験レポートが何かのご参考になると幸いです。


 

2022/08/30 10:32 | 施設

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。3才と7才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


えつえつ

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
小学生の2人の男の子の母です。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


も

モンブラン

                            逗子在住9年目の2男児の母です。出産を機に逗子でのつながりが少しずつ生まれ、海や山の自然の豊かさもさることながら、明るく地元愛の強い人たちの多い逗子に魅了されています。食べることが何よりも好き、日々美味しいものを求めて生きています。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi