今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2021年10月04日(月)

知る人ぞ知る穴場かも?勝手におすすめ公園!①

こんにちは。ハナコです。コロナ禍2年目の夏もようやく終わりを迎え、秋らしい空気になってきましたね。
今回は市内の「知る人ぞ知る穴場かも?勝手におすすめ公園!」をご紹介します!
「名前や場所は知っていて興味はあったが、行ったことがない公園」意外とありませんか?または住んでいるエリアから離れたところにある公園にはほとんど行ったことがない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
逗子市内には小さな公園が点在しているので、時には気分を変えて、行ったことのない新しい公園を開拓してみてはいかがでしょうか。
ウィズコロナの生活はしばらく続きそうですが、外気浴や、外の景色を見ると脳も身体もリフレッシュできますよね♪
秋のこれからの季節は、混まない場所や時間帯を選びながら、親子で外遊びを楽しみたいですね。
第1回目は桜山の蘆花記念公園をご紹介します。

遊具はありません!でも遊び方は無限大!!小さな子どもから大人まで全世代楽しめる『蘆花記念公園』

逗子海岸にほど近い位置にある『蘆花記念公園』では、園内設備に「炊事場」があり、許可申請することで、炊事場で焚き火やお料理をすることができます。
※炊事場は市内在住・在勤・在学者のみ利用可、 事前に利用登録が必要です(緊急事態宣言の発令に伴い、宣言解除まで新規予約の受付は停止しています)

しかし遊具が一つもないこの公園で、子どもたちはどのような遊びをしているのでしょうか?
私がおすすめする理由は、「無限大の自然の中の自由遊び」です。
例えばハイキング!公園内の脇道から入るハイキングコースがいくつもあります。
海が望める景色、草花や木の実拾い、虫や鳥の鳴き声といった山の中での発見や、でこぼこの山道を親子で並んで歩く体験など、自然の中、親子で楽しめる最高のアクティビティです。
小さなお子さんは、第一休憩所横側の階段を登って、旧郷土資料館の前を通り、なだらかな下り坂に続く園内散歩コースがゆっくりペースで散策できておすすめです。
慣れない方や初めての方は、道を知っている方と一緒に歩くようにするなど、迷子にならないようにご注意くださいね。

蘆花記念公園案内図蘆花記念公園案内図

山頂からの景色。ここは逗子のダイヤモンドヘッドかな!?山頂からの景色。ここは逗子のダイヤモンドヘッドかな!?

次は木登りです。小さな子どもは大人が手伝い、少し木に登らせてあげるだけでも、普段とは異なる高さから見下ろせて喜ぶ子もいれば、怖がって嫌がる子もいますね。
木登りの注意は、木登りに向かない折れやすい木に注意することと、落下しないように近距離でしっかり見守ることです。安全に注意しながら、子どもの好奇心からの一つ一つの挑戦を応援できると良いですね。
そしてお次は虫捕りです。秋はコオロギやバッタ、トンボでしょうか。草のしげみにはたくさんの虫たちが隠れています。虫除け対策をしつつ、網などで虫を捕まえて虫かごにいれることができたら虫の観察ができますね。最後は虫を草に返してあげて、命の大切さを教えることも子どもにとっての学びになります。春から秋にかけてはスズメバチの活動が盛んになる時期なので、ハチを見かけたら刺激しないように注意しましょう。
その他、広い園内を子どもの進むままに「散策・探検ごっこ」や、秋の落ち葉を集めて落ち葉投げや落ち葉ベッド作り、木の実拾いでおままごと、植物で色水遊びなど、その時の興味や見つけたもので遊ぶのも楽しいです。
ぜひお天気の良い日に、自然がたっぷりな公園をゆったりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

トイレのある南広場トイレのある南広場

炊事場前の広場。秋はトンボがたくさん飛んでいます。炊事場前の広場。秋はトンボがたくさん飛んでいます。

2021/10/04 09:07 | 公園

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。1才と5才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


えつえつ

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
小2と年中の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi