今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2021年08月20日(金)

教育研究相談センター

えがおレポーターのおひさまです。

子育てに悩みはつきもの。そんな時、市内の子育て支援窓口はとても心強い味方になります。

その一つ、「療育教育総合センター」内にあり、子どもの発達に関する相談・支援を行っている「こども発達支援センター」について、以前取材しました。
「こども発達支援センター」は、18歳までの発達に心配のあるお子さんや障がいのあるお子さんがその持てる力を十分に発揮して生活ができるようにサポートするための施設です。この時は主に乳幼児期のお子さんの支援について伺いました。

えがおレポート「こども発達支援センター ひなた」
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/egao/egao_report/&type=article&art_id=4750
「療育教育総合センター」の3階には、市内在住の小・中学生の”学齢期”のお子さんの不登校や学校生活・家庭生活に関わることについて相談できる「教育研究相談センター」があります。「教育研究相談センター」では保護者から直接教育相談を受けたり、学校の先生方と連携をとりながら、児童・生徒・保護者の支援を行っています。

今回、所長の奥村先生に、学齢期のお子さんに対して、逗子市ではどのような支援がされているのかを詳しく伺いました。


●教育相談ではどのようなことをされているのでしょうか?

保護者から直接電話相談をいただいたり、学校からの紹介で、現在の悩みについてお話を伺い、面接を行います。電話相談は2回線ありますが、それぞれ個室でプライバシーが守られる状況でお話を伺います。
不登校や学校生活で児童・生徒が困っていること、家庭教育に関する不安や疑問などの相談が主なものです。
 

保護者との面接では、心理系の専門職員がお話を伺って、お子さんの理解を深めながら、困っていることへの対応を一緒に考えていきます。
児童・生徒にはニーズに合わせて、プレイセラピーをするなどのケアを行います。
相談の過程で、必要に応じて心理発達検査を行ったり、保護者と本人の了承が得られた場合に限り、学校や外部機関(行政、児童相談所、医療機関)と支援に役立つ情報を共有していきます。


●学齢期のお子さんの場合、学校に関する悩みも多いと思いますが、学校とはどのように連携して支援されているのですか?

専門性を持った、教育指導員と巡回スクールカウンセラーからなる「支援教育推進巡回チーム」が、市内の小中学校を定期的に巡回して、児童生徒や学級状況を継続して観察することで、援助ニーズを把握しています。
それを、教育相談コーディネーターをはじめとする学校の先生方に伝え、学級集団の育成や個別対応などの具体的提案を行っています。
また、巡回時に、必要に応じて、援助が必要なお子さんや保護者との面談を行ったりもします。

援助ニーズがある児童・生徒については、各校にある特別支援学級への入級や、個別指導を受けるために通う通級指導教室への通室、学校に通うのが難しくなった児童・生徒が自分のことをゆっくり考えながら生活体験を広げ、次の行動へのお手伝いをする「適応指導教室なぎさ」の利用などを、保護者のご希望を伺いながら検討していきます。


●就学前のお子さんをお持ちの方で、学校生活に不安をお持ちの保護者の方は、どのタイミングでどこに相談すれば良いですか?

毎年、小学校入学前、中学校入学前の方には、6月〜9月ごろ、市内の幼稚園、保育園、小学校6年生あてに、就学相談のお知らせが届きますので、詳しくは、そのお知らせをご覧ください。
もちろん、教育研究相談センターでも随時、電話相談を受け付けていますので、遠慮なくお電話ください。


●学校生活での悩みは、まずは学校に相談するのが良いでしょうか?

教育研究相談センターに直接、電話相談いただいても構いません。
ただ学校生活についてのことは、最終的に学校と連携して支援をしていきますので、相談が可能な場合は、まず先生に相談することをおすすめします。
担任の先生、教育コーディネーターの先生など、話しやすい先生どなたでも構いません。例えば前年度の担任の先生が人間関係ができていて話しやすければ、それでも大丈夫です。
学校の中に日常的にお子さんのことを相談できる人を見つけておくと、支援に繋がりやすいと思います。


●学齢期のお子さんの悩みを抱えている保護者の方にメッセージをお願いします。

まず、一人で悩まないで、先生に相談したり、教育研究相談センターにお電話ください。
最も相談件数の多い不登校は、問題行動ではなく誰にでも起こりうることだと思っています。そのほかのことも、お子さんに問題があるのではなく、お子さん自身が困っていて問題を投げかけていると私たちは考えています。
まずは一人で悩みを抱えず相談していただいて、保護者の方自身の心が落ち着くことが、お子さんの支援には一番大切だと思っています。
「今のお子さんに、何が必要なのか」を一緒に考えていきましょう!

----------------------------------------------

教育研究相談センターの廊下には、「適応指導教室なぎさ」に通っているお子さんたちの素敵な作品が飾ってありました。

逗子市の支援教育は、さまざまな関係機関との連携をとりながら、子どもたちを見守る体制が作られていると、今回のインタビューで感じました。
逗子市の支援教育については、下記のページに詳しい情報があります。
★逗子市の支援教育
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/kenkyu/about/p06688.html

私も子どもの発達に心配があり、数年前に教育研究相談センターで面談を受けて、通級指導教室に通室しました。通級の先生と学校の担任の先生が情報交換してくださり、とても安心できたことを思い出しました。
もし学齢期のお子さんで何か心配事があれば、一人で悩まず、早めに学校の先生や教育研究相談センターに相談してみてくださいね。

教育研究相談センター
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/kenkyu/
教育相談専用電話:046-872-2898 または 046-872-9498
祝日、振替休日を除く(月)〜(金) 9:00〜16:00

2021/08/20 10:22 | 施設

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。1才と5才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


えつえつ

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
小2と年中の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi