今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2020年01月31日(金)

ファミリー・サポート・センターの支援会員になろう !

こんにちは、えがおレポーターのマリリンです。
先日、ずしファミリー・サポート・センターの支援会員の研修を受けてきました。
子育て現役世代の方で利用されている方は多いかと思いますが、支援会員の登録をされている方は少ないかと思います。
支援会員になると何ができるの?研修では何をするの?
私自身疑問に思っていたことをレポートしたいと思います!

ファミリー・サポート・センター支援会員とは?どんな活動をするの?
ファミリー・サポート・センターは「子育ての援助を受けたい人(依頼会員)」と「子育ての支援を行いたい人(支援会員)」がお互いに助け合うことを目的としています。
支援会員は依頼会員のお子さんの預かりなど子育ての援助を行います。
自宅での預かり以外にも、保育施設や習い事の場へ送迎したりと、様々な援助の形があります。
自身の子どもが小さいとまだ支援は難しいかもしれませんが、学校の放課後や朝登校するまでの間など、短時間での活動なら可能かもしれません。また、自宅にて子どものお友達を預かることもできるかもしれません。
様々な依頼がありますが、ファミリー・サポート・センターのアドバイザーさんがマッチングをし、事前面談を行い、依頼会員・支援会員双方の同意を得た上でのお預かりとなります。

研修はどんなことをするの?
研修は4日間にわたって行われます。
・今日の母親たちの子育て状況と支援のあり方
・病児、病後児預かり
・育てにくい子どもをもつ家庭への支援
・子どもへの接し方、ふれあい方
・乳幼児の食生活
・食中毒の予防
・支援会員としての心得
・小児が感染しやすい病気と注意点
・子どもの身体
・病気、事故への対応
・小児看護の基礎知識
などが研修プログラムの内容です。

専門的な話を聞けるので、自分の子育てのおさらいができ、さらに深い知識を得ることができました。
子育ての常識も年々変わってきているので、最新の情報を聞くことで子育てが終わっている方も安心して預かることができると思います。
例えば、おばあちゃん世代にはなかったイオン飲料についての注意点や、アレルギー食材についても説明がありました。
預ける側からみても、これだけ研修を受けているのであれば安心です。

子どもがいても研修が受けられるの?
お子さんがいる方には託児も用意されています。
同じ施設内で先輩の支援会員さんが預かってくれるので安心!
私の子も最初は泣いていましたが、他の子と仲良く遊んでいてくれたようです。

今回研修を受けて
研修自体は日数も長く簡単なものではありませんでしたが、支援会員になることはとても意義のあることだと感じることのできる体験となりました。
研修の中で、預かる側の支援会員の方と、預ける側の依頼会員の方のお話を聞くことができたのですが、依頼会員の方が感謝していることも、支援会員の方がとてもやりがいを感じて活動されていることもよく伝わってきました。
私も少しづつではありますが、支援会員として活動できれば、と思っています。

支援会員の方が増えれば、それだけ多くの依頼会員の方を助けることができるかと思います。
興味がある方はまずは研修を受けてみてはいかがでしょうか。
4日間の研修すべてを一度に受けるのが難しい場合は、何回かに分けて受けることもできるそうなので、相談してみるといいかもしれません。
 

ずしファミリー・サポート・センター事務局
〒249-0005 逗子市桜山1-5-42 逗子市子育て支援センタ内 ◆地図
電話 046-870-3400(直通)
FAX 046-870-3411
平日(月曜日~金曜日)午前9時~午後5時
※土・日・祝日と年末年始(12月29日~1月3日)はお休みです。

2020/01/31 11:40 | 未分類

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。1才と5才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


え

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
年中と2歳の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi