今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2020年01月31日(金)

お家でできるヒントが満載! 保育園での過ごし方

こんにちは! えがおレポーターのバナナムースです。
突然ですが、雨降りや寒過ぎて外で遊べないなど「今日は自宅で過ごしたい日」、ありますよね。
うちの息子も「外行く!」ボーイ、「今日は雨だからお外は無理だよ」と説得が大変……。

そんなとき、例えば保育園ではどんなことをして過ごしているのだろう? わが家に取り入れられる、子どもと楽しく室内で過ごせるヒントはないのかな??と、ふと思い浮かび。
お邪魔したのは、久木神社近くにある「双葉保育園」。横地みどり園長先生にいろいろとお話を伺いつつ、子どもたちの室内での活動風景を見学させてもらいました。
そこには、何をして過ごすかはもちろん、過ごしやすくする工夫がたくさんありました。
かわいい子どもたちの姿にも注目してみてくださいね!

自分で選んで自由に選び、メリハリのある活動を

取材当日は偶然にも一日中雨。しかも数日前から降り続いていたので、さぞかしあの手この手で過ごしているのかと取材に臨むと、「天気予報で雨だと分かっていたら多少前後の予定を調整することはあっても、『雨だから○○する』ということはなく、普段通りに過ごしていますよ」と園長先生。
「雨で外に行けないから、今日は特別に○○します!」のようなことがあるに違いないと思っていたのでびっくり。逆に雨降りだって、室内で普段通りに過ごせるということなのですね!

「人数が多いので5~6人ごとのグループに分かれ、園舎内の様々な活動場所をグループで移動しながらその場で自由に遊んでいます。自分で選んで自由に遊べるようにしているので、子どもたちは十分満足して過ごせていますよ。ただ雨の日は、長い一日の中で園舎内⇔外の切り替えが出来ないので、『体を使う』『手先を使う』『休息(休憩や昼寝)』など、メリハリをつけて活動できるように工夫はしています」

なるほど。「自分で選んで自由に遊ぶ」「メリハリをつけて過ごす」ことが大事なのですね。
それでは、実際に見せてもらった活動風景をどうぞ~!

★跳び箱ジャンプ
保育士さんの「ジャーンプ!」の合図でピョン。飛ぶのが難しい子は手を添えてあげてジャンプ!

★マットにごろごろ
大きなマットに、ただただごろごろ。それだけでも嬉しそう❤
大好きな保育士さんの背中によじ登っても、下がマットだから安心。

自宅では、お布団に毛布やシーツをかけてマット代わりにしてあげても。

★電車段ボールBOX
子どもが座ってはまれる大きさの段ボールに、模造紙や色紙を貼った手作り電車BOX。
子どもたちは動かしたり、中に入ってみたり、電車好きにはたまりません!
遊ばないときは、収納BOXとしても使えそう。

★椅子取りゲーム
2歳児たちが椅子取りゲーム中。このころになると、体が使えてルールのある遊びを取り入れていくそう。

★たべものマップ
今日のお昼ごはんの食材見本と、その産地のマッピングボードの展示コーナー。
本物の食材を手で触ったり、匂いを嗅いだりしています。ごはんが楽しみになるね!

★小さい子もOK! 手先を使う遊び
保育士さんの手作りおもちゃ。透明プラスチック容器の蓋に穴を開け、円形の段ボールやストローを切ったものを入れていきます。みんな、すごい集中力!!

1歳代は皆で同じ遊びをしていても、「一緒」にではなく「一人」で集中することが多い年代。
また、同じことを繰り返し何度もやりたがるので、満足するまでやらせてあげて。

円形カラーシールが貼れる台紙を、こちらも保育士さんが手作り。
子どもがシールを貼る側で、「赤貼るんだねー、あ、次は黄色だね!」と、さりげなく何色かの声かけをしてあげていました。

★お絵描き・塗り絵・粘土
定番の制作遊びも、各々やりたいことを選んで黙々と!

完成した作品は自分でかばんにしまいます。
ちなみに、わが家では完成なのか途中なのか親には分からない作品がなんとなく机の上に溜まっていってしまうことが度々あったのですが、なるほど。そうやって自分で作品の完成を決めつつ、しまう片づけをさせれば良かったのか!とハッとしました。
早速、自分で管理できる位置に作品収納の場所を作ろう!

「自分で」やれることをやりやすく

園舎内では、子ども一人一人がやりたいことを「自分で選べる」「自分で出せる」「自分でしまえる」ように、そのための工夫があちこちに見られます。

●おもちゃの収納方法
パーツが細かいおもちゃでも中身が一目で分かる、そしてそのまま出して運びやすいように透明プラスチック容器やかご、トレーにセット。そのセット状態の写真を各収納場所に貼り、片付けもそこに自分で。

パズルピースも透明プラスチック容器に入れ、台紙と一緒に収納。
完成状態でしかしまえない、ぎりぎりの大きさの袋にイライラしながら入れていた過去の私に伝えたい!

●工作材料コーナー
年長クラスの一角にあった、工作に使う道具や材料が置いてあるワゴンコーナー。やりたいときに、自由に使ってOK。

●鏡台コーナー
ティッシュと鏡、ゴミ箱、子どもが座れる椅子が随所に。鼻水が出たら、自らここに座って鏡を見ながら鼻をかむ。
このコーナーが出来てから、保育士さんが拭いてあげたりティッシュを渡したりすることがほとんどなくなり、自分でかみに行くようになったそう。

「このように、子どもが自分で考えながら選べて思い通りに動ける環境があると、より集中して遊ぶことができます。そうすると、大人が大きな声で注意したりすることがほとんどないんです」と園長先生。

確かに!!
取材中、誰も「外に出たい!」とか、お友だち同士でトラブルもなく、これだけの人数がいるのに園内はとても静か。聞こえてくるのは、笑い声や穏やかな話し声だけだったのです。
「大人が大きな声を出すと、子どももついつい大きな声を出しちゃうことに。やり方を分かりやすくした上で、落ち着かせたいときや伝えたいことがあるときは静かに話してもきちんと伝わりますよ。外に出られなくてテンションが高いときなどは、とくに意識してもいいかもしれませんね」

ああ、私なんてしっかり伝えるためにと声は大きく、時には怒鳴ったりしていたかも……。そんな自分を猛烈に反省。

子どもは満足できる環境があればOK

「やりたいことと集中力を尊重してあげていれば、子どもはそれだけで大満足です。私も自分の子どもが小さいときを思い返してみると、雨の日は一緒に餃子を包んで冷凍しておいたり、ホットケーキを作ったり。どうしても外に出られないときは、興奮したりぐずったりするかもしれないけれど、そんなときは一緒に何かしてあげても」と園長先生。

今回見学させてもらって、「うちの子がもっと小さいときに知りたかった!」と思うヒントとお話がたくさんありました。
とくに、「出来ないんじゃないか」「余計散らかる」とつい先回りしてしまい、子どもが自分で選んで自由に遊べる環境を作ってあげられていなかったかもしれません。もっと子どもの力を信じてみる、任せてみても良いのかも。
そうするといつもの自宅でも、子どもの遊びの幅がもっと広がり、もっともっと満足して過ごせる。そして、それがお母さんをちょっとラクにしてくれることだってたくさんあるはず。

このように、保育園から感じるヒントや取り入れられるアイデアはきっと人それぞれ。
市内の各保育園では、園庭開放や未就園児の遊び場が開催されています。
機会があればぜひ訪ねて、実感してみてくださいね!
----------------------------------------------

双葉保育園(逗子市久木2-7-2)
地域の親子を対象に、ふたばクラブ(親子あそびの会)、BeBeふたば(赤ちゃんとお母さんのおしゃべり広場)を開催しています。
ホームページ http://www.zushi-futaba.ed.jp/

2020/01/31 11:41 | 未分類

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。1才と5才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


えつえつ

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
小2と年中の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi