今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2019年07月26日(金)

現役ライフセーバーに聞く! 逗子海水浴場 子連れ安心ガイド

こんにちは! えがおレポーターのバナナムースです。
今年も始まりました、逗子海水浴場! うちも、「海大好き❤」息子を連れて毎年遊びに行っています。
そんな中、今まではけがや事故もなく海を楽しんでいましたが、ふと「子どもが流されたら…」「クラゲに刺されたときの対処法は?」などの不安や疑問もあります。
そこで海のプロ、海水浴場をいつも見守ってくれている「逗子サーフライフセービングクラブ」のライフセーバーさんに、子連れ海水浴を安全に楽しむためのお話をいろいろ聞いてきました!

(左から)柳原 拓実さん、松村 桐杏さん、平井 寿奈さん(左から)柳原 拓実さん、松村 桐杏さん、平井 寿奈さん

海水浴の信号機。「旗」の色は絶対確認!

海水浴期間はその日の海の状況に応じて、海岸に遊泳可否の旗が立てられます。

黄旗=遊泳注意黄旗=遊泳注意

赤旗=遊泳禁止赤旗=遊泳禁止

まず、遊泳禁止の赤旗の場合、海は危険な状況です。絶対に海水浴は行わないでください。
青旗であればコンディションがいい状態で安心ですが、黄旗は泳げても注意が必要なとき。波が高かったり風が強かったり、雷の危険があるなど様々な要因がありますが、海の中では腰の深さまで、何かあったときにはすぐに浜に上がれるようにしましょう。

旗の色は、逗子海水浴場の公式ツイッターでも確認することができますよ。
https://twitter.com/z_kaisuiyoku

ちなみに、赤・青・黄のほかにもうひとつ、オレンジの旗がありますが、これは津波避難の合図。オレンジの旗がかかったら一刻も早く陸に戻り、津波避難ビルなどの高くて安全な場所に逃げましょう。

オレンジ旗=津波避難オレンジ旗=津波避難

海岸では「風」に敏感になろう!

両サイドを山に囲まれた逗子海岸は、山からの吹きおろしの風も手伝い、常に風が強いのが特徴。とくに浜→海に吹く風(逗子海岸では北風)は要注意。海に浮かんでいると、その風に吹かれて徐々に沖に流されていってしまうのです。北風が強いとき、海の中では足がつく場所にいるなどして注意しましょう。
風の向きや強さは、ライフセーバーによる定時放送でアナウンスがあったり、遊泳可否の旗の動きで風の強さも確認できます。

覚えておこう「たすけてサイン」覚えておこう「たすけてサイン」

もし自分が海に流されてしまっていると感じ、ライフセーバーに助けを求めたいときは、片手で浮力を確保しながら、片手で浜に向かって手を振ります。監視中・巡回中のライフセーバーが駆けつけてくれます。

波打ち際の落とし穴「どんぶか」

前の日が台風などで波が高い状態が続くと、その波で砂浜が掘られてしまい、水深が急に深くなることがあります。「どんぶか」と呼ばれている場所です。海の中は見えないので、走って海に入って行き、「どんぶか」の段差に足を取られたり、急に足がつかなくなってしまったり。また水深があると波が崩れやすくなり、波打ち際で座って遊んでいた子どもが崩れた波を頭からかぶってしまうという危険もあります。波打ち際だから安心と過信せず、親が周囲の水中の深さを確認してあげると良いですね。

ほかにも、こんなことに注意しよう!

●日焼け&熱中症
日焼け止めはマストアイテム。海に入ると落ちてしまうので、こまめに塗りなおしましょう。強い日差しは、日焼けだけではなく疲労もたまるので、ラッシュガードやつばのある帽子などでなるべく直接当たらないようにしましょう。また、熱中症対策としても、こまめな水分補給、日陰や風通しのいい場所での休憩も大事です。

●クラゲ&貝殻による切り傷
水温が高くなる7月下旬ごろからクラゲも多くなります。南風が強いと、たくさん流されてくることも。砂浜に打ち上げられて死んでいても毒性は消えないので、触らないようにしましょう。刺されたり、踏んでしまったときは海水でよく洗い、痛みや腫れがひどいときは救護所へ。

アンドンクラゲ(写真提供:葉山しおさい博物館)アンドンクラゲ(写真提供:葉山しおさい博物館)

カツオノエボシ(写真提供:礒貝高弘さん)カツオノエボシ(写真提供:礒貝高弘さん)

砂浜の貝殻で足を切ってしまうけがもよく見られます。貝殻が多い場所を歩くときはなるべくビーチサンダルやマリンシューズをはくようにして、消毒液やばんそうこうを常備しておくと安心ですね。

●干潮と満潮
満潮に向かう時間帯に波打ち際ギリギリに荷物を置いていると、満ちていくにつれ海につかってしまうことに。とくに満月や新月の大潮の時期は、干満の差も大きくなります。海水浴前に干潮・満潮の時刻をチェックしておくか、ライフセーバーに聞いてみるのも◎。

海岸監視所&救護所について

海岸中央にあります。左の扉が海岸監視所、右の扉が救護所です。海岸中央にあります。左の扉が海岸監視所、右の扉が救護所です。

●海岸監視所
ライフセーバーの詰所です。以下のことも行っています。
▶子どものライフジャケット無料貸出
肩が抜けないライフジャケットの着用は、スポンと抜けやすい浮き輪だけよりも安心です。正しい着用方法も教えてもらえます。約140着用意があります。
▶無料シャワー
毎日15~16:00、監視所前のシャワーを無料で利用できます。ちなみに、無料シャワーは東トイレ前も同じ時刻に利用できます。
▶インフォメーションボード
監視所と救護所の間に、海水浴時間中に掲示されるホワイトボード。その日の天候や気温、水温、風の向きや強さ、干潮・満潮時刻、どんぶか・岩場の場所やクラゲ発生といった海の中の情報などを確認できます。

●救護所
看護師さんが常駐しています。クラゲに刺された、熱中症の疑いがあるなど、体調不良やケガをしたときに頼れます。
また、監視所&救護所の通路を挟んで反対側にある「逗子海岸営業協同組合事務所」では、おむつ替えや授乳が行えます。

最後にライフセーバーさんから

覚えておこう「手首つなぎ」覚えておこう「手首つなぎ」

『手をつなぐだけだとするっと離れてしまいやすいですが、写真のようにお互い手首をつかみあっていると、片方が離してしまっても、もう片方はつかんでいるので離れづらくなります。とくに、海の中ではより安心なつなぎ方でオススメです!
海岸では、私たちライフセーバーも細心の注意をもって皆さんを見守っていますが、お子さんの一番のライフセーバーは隣にいらっしゃる親御さんです。お子さんが迷子になったり溺れたりしないよう、常に目をかけてあげていただきたいです。
海や風のコンディションや不安なことなどがあれば、巡回中のライフセーバーになんでも聞いてくださいね。』

今回お話を伺う前に、海で溺れた人の救助の訓練を見学させてもらいました。訓練とはいえ緊迫した空気の中、その姿は本当に真剣そのもの。なぜライフセーバーになったのかも尋ねたところ、「自分が努力することで、人の役にたてる、人の命を救うことができる」との回答。
こんなにも心強い守り神がいてくれる逗子海岸での海水浴。今回教えてもらったことに気をつけつつ、安心して子どもと大好きな海を楽しめそうです!

◆逗子海水浴場
海水浴期間:~令和元年9月1日(日)
逗子海岸海水浴場ホームページ: http://zushi-beach.jp/

2019/07/26 15:03 | 身近な自然

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。1才と5才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


え

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
年中と2歳の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi