今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2017年08月07日(月)

東逗子の七夕まつりに行ってきました!

こんにちは。えがおレポーターのノブりんです。
7月に入り、逗子市内でもあちらこちらで夏まつりの準備が始まりましたね。我が家では、この夏初めてのおまつりとして
東逗子の駅前で、7月8日(土)~9日(日)の2日間にわたって開催された「七夕まつり」に行ってきましたよ。
今回は5歳の娘も一緒です!!

訪れたのは9日(日)の夕方5時半過ぎ。日中の暑さを忘れるほど、会場はすっかり日陰になっていて涼しく、小さな子連れにとっては最適な時間でした。

会場に入るなり、早速娘の「食べたい!」コール。まずは定番のかき氷。150円と地元ならではの良心的な価格にひと安心です。

かき氷を食べつつ、会場の奥に進んでいくと、子どもたちが喜びそうなゲームやワークショップがやっていて、「あれやりたい!」と娘も興奮気味に。
娘が特に夢中になっていたサンドアートは50円。夏にぴったりのかわいらしい小物が出来上がりました。

そのあとは、スーパーボールなどをすくい取る『なんでもすくい』や、玉ころがしのゲームに挑戦!どれも100円前後で、娘のお小遣いでも十分に楽しめるのが嬉しかったです。
ほかにも楽しそうなものがたくさんあって、時間が足りないくらいでした。

娘がゲームで満足したところで、ようやく夕飯タイム。
会場をぐるりと回ってみましたが、市内の商店や地域の有志による出店が並び、どれもとってもリーズナブルでした。30ほどある屋台の中から、私たちは沖縄そばをチョイス。
ステージショーの沖縄民謡を聴きつつ沖縄そばを食べていると、気分は完全に沖縄モードになりました。

おまつりの2日間のプログラムを見ると、1日目は地元の子どもたちのダンスや演奏などのポップなステージがほとんどでしたが、2日目は沖縄の伝統舞踊であるエイサーや沖縄民謡、三線、沖縄フラなど、沖縄一色。
この日、おまつりに来ていた地元の方に話を伺ってみると、「年々イベントが大きくなってきていて、沖縄のステージはどれも本物。昼間から来ているけれど、家族で一日楽しめるね」と言っていました。

おまつりも終盤に差し掛かると、ステージ前では三線の音楽に合わせて、大人たちが陽気に踊り出し、なんともあったかい空気に会場全体が満たされていました。
地元商店街や地域の人たちのあったかさがそのまま表れているようなイベントだなぁと、居心地の良さについついみんなが長居をしてしまうのがわかりました。

「また来ようね。」と娘も言っていたので、ぜひ来年も遊びに行こうと思っています。
みなさんも次回はぜひ行ってみてくださいね。

そうそう、来年の夏まで待たなくても、東逗子のふれあい広場では楽しいイベントがもりだくさん用意されています。

8月12日(土)と13日(日)には「納涼まつり」。
逗子市内では唯一というお祭りやぐらが会場に設営されて、ジャグリングやバルーンアート、ボサノバなどのステージイベント、日暮れ頃からは盆踊りが開催されます。
「逗子音頭」や「恋するフォーチュンクッキー」「踊るポンポコリン」もあって、小さなお子さんも踊って楽しめると思います。
それから、10月にはハロウィン、11月にはお待ちかねのイルミネーション、12月には光のクリスマス・・・。
リーズナブルで安心して子どもと一緒に過ごせそうですね!

2017/08/07 10:53 | お出かけ

  【えがおレポーター】
バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子供と一緒に育ってきたなぁと思います。


え

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
年中と2歳の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi