今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2016年04月25日(月)

逗子海岸を遊びつくそう!5月5日こどもの日のつどい

こんにちは、えがお管理人です。
新生活も少し落ち着き、そろそろ5月の連休が気になって来る頃ですね。
毎年5月5日に開催する「こどもの日のつどい」をご紹介します。

こどもの日のつどいのメインイベントといえば「砂の芸術」!
参加者には5m×5mのスペースが割り当てられ、砂と水、貝殻・石・海藻など自然のものだけを使い、砂の像を制限時間内に作り上げます。

参加単位は「中学生以下の子どもを含む4名以上10人以下のグループ」であることが条件。
制限時間も8:30~10:30と長いようで意外と短いため、子どもとの連携プレーが重要です。
砂を盛り上げては固め、形を作り・・・大人も子どももいつのまにか夢中!
スコップなど道具の貸し出しはありませんが、古いお鍋やフライパン、バケツ、子どものお砂場セットなど、家にあるものを工夫して使っている人がたくさん見られました。
爪の間に砂が入りこんでしまうのが嫌な方は、軍手をはめて作業をすると手の汚れが軽減されますよ~

作品が完成したら、ボードにチーム名と作品名を書いて置きます。
一般投票で受賞作品が決まるので、ドキドキ・・・

審査を待つ間に、もうひとつの人気イベント「靴とばし競争」へ!
こちらは事前申し込み不要、当日参加OKのイベントです。
幼児~一般の部があり、誰でも参加できます。
履いている靴やサンダルを思いっきり飛ばし、距離を競います。
幼児は記録にかかわらず全員参加賞がもらえます♪

いよいよお待ちかねの表彰式!
靴とばし競争と砂の芸術入賞者に市長から表彰状が手渡されます。

最後に作品を崩して、砂浜を元通りにします。せっかく作った大作、もったいないけれど、元通りにするまでが砂の芸術です。
逗子海岸はみんなの場所。これからやって来る夏に気持ち良く遊べるよう、ごみなどは必ず持ち帰りましょう。
表彰式終了後にクリーン作戦を行うので、落ちているごみは拾って本部テント前に持ってきてください。

最後に持ち物の注意を。
5月といえど晴れた日は真夏並みの日差しになることもあるため、飲み物の用意と日焼け対策は忘れずに!着替えや体温調節用の上着などもあると安心です。
イベント終了はお昼ごろになるので、お弁当と敷物を持ってきてそのままピクニック♪なんていうのもいいですね。

「砂の芸術」参加チームのエントリーは4月28日(木)までです。
申し込み書に必要事項を記入し、FAXまたは直接持参してください。
【受け付け場所】体験学習施設スマイル 又は 逗子市役所2階子育て支援課
【FAX番号】046-871-5118
※詳しくはこちら※
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/jidou/kodomonohinotudoi.html

2016/04/25 08:30 | イベント

  【えがおレポーター】
バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子供と一緒に育ってきたなぁと思います。


え

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
年中と2歳の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi