今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2020年11月04日(水)

海でビーチコーミングを楽しもう!

【この記事は2020年春に取材したものです。】

こんにちは!えがおレポーターのマリリンです。
このところ新型ウイルスの騒動でなかなか落ち着かない日々が続いています。
さて、今日は何をして過ごそうかと悩んでいる方も多いかと思います。
そんな時は海へ行ってビーチコーミングを楽しむのはいかがでしょうか?

ビーチコーミングって??

ビーチコーミングとは海岸などに打ち上げられた漂着物を収集の対象にしたり観察したりすること。
要は海岸に落ちているものを拾ってみましょう!ということです。
それだけで楽しいの?と思うかもしれませんが、やってみると子どもはもちろん、
意外と大人も楽しめます。

どんなものが落ちているの?

よーく海岸を見てください。
貝殻だけでもたくさんの種類があります。二枚貝、巻貝、サザエのふた?などなど。
ぐるぐるだねー、この貝とこの貝くっつくかな?と子どもと話しながら拾います。
貝殻だけではありません。変わった形の石、海藻、シーグラス、ごみもたくさん。
シーグラスとはガラスが海の中で削られてできたものです。とてもキレイですが、
最近ガラス瓶の減少により減ってきているようです。
環境問題で話題のプラスチック片もたくさんあります。
流れ着いたものからいろいろな背景が考えられることもビーチコーミングの楽しみの一つです。

ビーチコーミングをする際の注意点

瓶の破片や貝殻を踏んでけがをしないよう靴やサンダルを履いて行ってください。
とはいえ、子どもは裸足になりたがりますよね...
もしもに備えて救急用具を持っていくといいかと思います。
あとは着替えを忘れずに!寒い時期でも子どもは容赦なく海に入っていきます!!

持って帰って工作しよう!

拾ったものをそのまま瓶に入れて飾っても素敵ですが、
今は時間がたっぷりあるのでもうひと遊び。
後日拾ったものを材料にして工作しました。
今回は平べったい石が多かったので子どもたちに落書きしてもらいました。
このままだと飾りにくいので額にペタリ。子どもたちにどこに貼るか考えてもらいます。
 

出来上がり!
こうして飾っておくと子どもの記憶には残りやすいようで、
何日か経ってからも海へ行った日の話をしてくれます。
たまに手に取って物思いに浸っている姿はとてもかわいいものです。

夏に比べて人の少ないこの時期はビーチコーミングにとってもお勧めです!
日差しをいっぱい浴びて、子どもと一緒に楽しんではいかがでしょうか。

2020/11/04 10:18 | 身近な自然

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。1才と5才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


えつえつ

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
小2と年中の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi