今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

えがおレポート

日々の子育てに役立つ地域の情報を、えがおレポーター(市民ママ)とえがお管理人がレポートします。
2020年11月13日(金)

池子遺跡群資料館を紹介します

現在施設では、新型コロナウイルス感染拡大予防対策を行っております。
来館にあたっては、下記のURLを参照のうえお出かけください。
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/syakyou/newbunkazai/ikego-muse/


こんにちは。レポーターのえつえつです。今回は「池子遺跡群資料館」をご紹介します。
「池子に遺跡があるの?」「資料館なんて聞いたことない」そんな声が聞こえてきそうですが、専門家も驚くほど歴史的価値の高い文化財が展示されている逗子の超穴場スポットなのです。

場所は池子の森自然公園内の公園管理事務所の3階です。池子の森自然公園緑地エリアの池子側入り口のトンネルすぐ手前の建物ですが、池子の森に遊びに行かれる方もこの建物は見落としていたんじゃないでしょうか?

現在の米軍池子住宅地区は、昭和12年に旧日本軍に接収され、戦後は米軍の供用地として一般の立ち入りが厳しく制限されてきた地区です。平成8年の池子米軍家族住宅の入居に先立ち、平成元年から6年に渡り発掘調査が行われました。
近代的な開発にさらされていなかったこともあり、先土器時代から近代までの約2万5千点にも及ぶ貴重な遺物が発掘され、241点が神奈川県の重要文化財に指定されています。

現在の米軍家族住宅地区と運動施設のあたりが発掘されました。現在の米軍家族住宅地区と運動施設のあたりが発掘されました。

展示は、先土器時代、縄文時代、弥生時代、古墳時代、奈良・平安時代、中世、近世、近代まで時代別に並べられています。池子にそんな昔から人が生活していたなんて驚きです!

縄文時代には海岸線が池子まで入り込んでいたそうで、漁具も発掘されました。

加工途中の農具も多数発掘されました。このことから、豊富な森林からの木材で農具を生産して、他の地域へ供給していたのではないかと推察されています。

美しい文様の施された器から、当時の生活の豊かさが伺えます。

池子の歴史がわかる読み物のコーナー。

展示室の片隅には実際に発掘された土器を組み立てられるコーナーも。4歳の女の子が完成させたこともあるとのこと。

資料館裏手のテニスコートの奥には、シロウリガイの化石が展示されています。このあたりは約400万年前には水深2,000mの海底だったという貴重な資料だそうです。

この資料館には、池子小学校や久木小学校の児童も授業で訪れるそうです。ハイキングの途中に立ち寄る年配の方や、米軍の家族の方もいらっしゃるそうですよ。
博物館や資料館というと、小さな子どもが行ってもいいのかしら?と少し身構えてしまうところもありますが、池子遺跡群資料館なら、池子の森自然公園に遊びに行くついでに気軽に立ち寄ることもできますし、ご担当の方にも「静かに見なければいけないということはないですよ。小さな子どもたちやご家族でももっと来ていただきたいです」とおっしゃっていただきました。

今回取材をしてみて、今立っているこの地は、先土器時代から生きてきた人たちの生活の長い歴史の上にあるのかなぁ・・・と、歴史のロマンを感じることができました。また、住んでいる逗子のまちにますます愛着が湧いたような気がします。
一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

池子遺跡群資料館
京浜急行 神武寺駅から 徒歩約15分
京急バス JR逗子駅から「笹倉」行きバス 乗車約5分 「池子十字路」下車 徒歩約8分
公園内に有料駐車場がありますが、台数に限りがあるため、できるだけ公共交通機関などをご利用ください。
開館時間:9:00 ~ 16:00
休館日:月曜日(休日にあたる場合は翌日の平日)・年末年始(12/28~1/3)
利用料:無料
https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/syakyou/newbunkazai/ikego-muse/

2020/11/13 14:16 | 施設

  【えがおレポーター】
ハナコ

ハナコ
                   都内から逗子に引っ越して1年経ちました。1才と5才の姉妹を子育てしながら、土や緑や海のある生活を楽しんでいます。お茶やコーヒーが大好きで、海や緑のある公園などの自然の中で野点をするのにはまっています。


Karla

Karla
                   逗子で子育て15年目。夏になる前のキラキラする海が好き。曇りの日、無心に庭の草むしりをするのも好き。雨の日、窓に打ち付ける雨音を聞くのも好き。みんなでワイワイお喋りするのも好き。一人でゴロっとしてテレビをみるのも好き。


ちまこ

ちまこ
                   東京から夫の実家が近い逗子に引っ越してきました。逗子のゆったりした感じが落ち着いて好きです。子どもは0歳児が1人。かわいくて毎日めろめろです…。


バナナムース

バナナムース
                   家族は息子・夫・犬1匹。逗子に住んで自然が身近になり、さらに子どもが生まれてからは四季をしっかり満喫できるのが嬉しい。これからもここで、子どもと一緒にたくさんの発見をしたいな。


りーり

りーり
                   葉山で育ち、結婚を機に6年前から逗子に住んでいます。歌が大好きな3歳女の子とニコニコ癒し系の0歳男の子の子育て中。産後コーヒー好きに転身、逗子の美味しいコーヒー屋さん探しが楽しみのひとつ。


たぬき

たぬき
                   「一度は湘南に住んでみたい」というオットの希望で、二年前に逗子へ。心やさしきムスコ、お調子者のムスメと暮らす日々の中、ふと見える新しい景色が宝。


マリリン

マリリン
                   結婚を機に逗子へ引っ越してきました。旦那さんは逗子生まれ逗子育ち。3歳の女の子と1歳の男の子の育児中。登山、キャンプ、フェス、大好き!海より山派です。


ohisama

おひさま
                   縁もゆかりもない逗子に移り住み十ウン年。男の子3人を子育て中。
自然や素敵なママ友に囲まれ、自分も子どもと一緒に育ってきたなぁと思います。


えつえつ

えつえつ

                    池子で育ち、海外で第1子出産、またまた地元に戻ってきました。
小2と年中の男の子がいます。まだまだ知らない逗子を発掘していきたいです。


ぐぅ

ぐぅ

                          4歳と2歳の男の子2人と、家事育児を積極的にしてくれるスーパー夫との4人家族です。子ども2人とも保育園にあずけての共働きは大変ですが、自然に囲まれたこの逗子でのびのび育児したいと思っています。


ke

ケロヨン                                                                                           
                                                  息子が二人。13年前ゆかりない逗子へ。田舎さ加減が自分の故郷にちょっぴり似ている。山の木々を眺めたり野草を摘んだりと、緑に癒されている。 もう少し地元での遊びに詳しくなりたい!


nobu

ノブりん
                   酒好きなダンナさんと保育園に通うやんちゃ娘、この春に産まれた息子と、 家族4人で暮らす。逗子歴5年目、夫婦共働きのいわゆる逗子都民(現在 育休中)。週末は海に山に、地元で過ごすのが家族の楽しみ。


shi

しらす

                        出産を機に逗子に戻って6年。弟を世話したい長女(小1)と何でも自分でしたい長男の子育て中。疲れたときは甘いおやつで元気をチャージ。


よっしー

よっしー

                              妊娠をきっかけに、自然がいっぱいの逗子に惹かれて引っ越し。2人の元気な娘と一緒に逗子の魅力を探索中です。


て

テンちゃん

                            となり町で育ち、逗子には3年前に引っ越してきました。夫婦で海、山、自然が好き。いつもニコニコ笑顔をふりまいている1歳の女の子のお母さんです。


え

えがお管理人

                        逗子市子育てポータルサイトえがおの運営をしています。逗子のママ・パパの笑顔を探しに、今日も市内に出没中。


RSS


市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi