高橋早苗さん

食事の時間も楽しめるカフェ

カフェ経営 髙橋早苗さん

彩り豊かなメニューが並ぶ

彩り豊かなメニューが並ぶ

家族のために作るごはん

三浦半島産の野菜を使った料理が楽しめる「Seedling Kitchen 逗子」。
2018年2月に前オーナーから引き継いでオープンし、現オーナーを務めるのが髙橋香苗さんだ。
野菜を中心とした「家族のために作るごはん」をテーマに、食事の時間や空間も楽しめるようにと、彩り豊かなメニューが並んでいる。ランチタイムには地元の主婦たちが集まり、全20席の店内はあっという間に満席になるほど人気の店だ。
 


落ち着いた店内

落ち着いた店内

デザイナーからカフェ経営者へ

前職は家具のデザイナーという髙橋さん。出産を機に退職し、もともと家族ぐるみで付き合いのあった前オーナーの元で働いていたことがきっかけで店の経営を引き継いだ。「初めは経営方法や仕入れなど、専門的なところが心配でしたが周りの支えもあって、何とか始めることができました」
落ち着いた内装は前オーナーのこだわり。机などは前職の経験を活かし高橋さんがデザインした。
店名は高橋さんの名前が由来。「苗から花が咲いて実がなり、種ができてまた育っていくようにとの願いを込めました」。ロゴは苗と家をモチーフにデザインしてもらったという。
 


かすてらプリン

新商品のかすてらプリン。カステラのふくらみにこだわった

季節の食材を楽しんでほしい

一番人気は「畑のわっぱ」。9~10種のおかずをすべて手作りしており、お弁当としても人気だ。逗子だけでなく葉山からも注文が入り、多い日は30個ほど注文が入ることもある。

季節の食材を楽しんでほしいと、約1か月半ごとにメニューの一部を変更するのが人気の秘訣。新しいメニューは、スタッフが作ったものや、別のごはん屋さんで食べたものから思いつくことが多いという。
「今試作しているプリンも最初はスタッフが作ったもの。とてもおいしくてぜひメニューに加えたいと思いました。名前を付けるのは苦労しますけどね」と楽しそうに語る。
 


お客さんからの「ありがとう」がうれしい

いずれはお弁当調理用のセントラルキッチンをつくりたいという髙橋さん。
「お客さんに、おいしかったありがとうと言ってもらえるとやっぱりうれしいし、続けたいと思いますね。そのためには、新しいことを考えていかないといけませんから」と今後の目標を話しました。
畑のわっぱ
マフィン
従業員も楽しく働ける

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:企画課広聴広報係

電話番号:046-872-8132


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi