空き家を活用し魅力ある逗子へ

不動産仲介管理 阿部真美さん

逗子へ移住したものの毎日の通勤が苦痛に。
会社に在宅勤務を断られたことがきっかけで、創業を決意しました。
阿部さん

プロフィール

阿部真美(あべまみ)
出身地 宮城県仙台市
創業年 2016年
以前の仕事 不動産投資・シェアハウス運営会社


出社しなくてもできる仕事

「通勤ストレスから解放されたくて辞めちゃった」と笑顔で話すのは、不動産仲介管理業を営む阿部真美さん。会社員時代、仕事の半分はパソコンがあればどこでもできるので、在宅勤務がしたいと相談しましたが、断られてしまいました。そこで会社を辞め、鎌倉市で前職を生かした不動産仲介事業や空き家を利活用した宿泊事業などの会社を立ち上げ、その後逗子に拠点を移します。

空き家をリノベーション活用

市内には、空き家になったままの立派な建物が多く存在しています。放っておくのはもったいないと、手始めに新宿の一戸建ての空き家を改装し、市内初の一棟貸し宿泊施設としてオープン。その後、池子や逗子の空き家も改装し、計6棟の宿泊施設を運営管理しています。「家具や調度品はリサイクルショップでいいものを安く手に入れる工夫をしています。改装途中で予算がなくなり、自分で床磨きや壁塗り、玄関のスロープ作りをしたこともあります」。

2017年、逗子駅から徒歩1分のビルに市内初のコワーキングスペース(共有オフィス)を、さらに今月から、海の近くにネコワーキングスペース(猫がいるコワーキングスペース)をオープンするなど、空き家を次々と再生させています。
 


コワーキングスペース

仕事と生活が一緒

「創業すると、よくも悪くもオン・オフの区別がつけにくい。日々やらなければならないこと、やりたいことに追われ、常に仕事をしている感じ」と楽しそうに笑う阿部さん。でも、やりたいことに手を出し過ぎて処理できず、好きなことをやっているのに楽しくなくなった時期があったそうです。そのときは一度立ち止まり、やらなければならないことに集中し、自分を見つめ直しました。

創業前は、非日常を味わったり新しい物を見たりしたくて、休日になるとよく旅行していましたが、今では日々の刺激が強すぎて、行きたいと思わなくなりました。
 


この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:企画課広聴広報係

電話番号:046-872-8132


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi