私の逗子暮らし 6組目 庄司賢吾さん、真帆さん

庄司さん

プロフィール

庄司賢吾さん、真帆さん 移住歴:都内から3年半前に移住(2020年9月時点) 居住地:逗子市久木 年代:30代   

Q1.逗子に移住したきっかけ

A.毎日通勤する必要がなくなったときに、逗子のすべてが気に入ったから。

 通勤に便利な都内に住んでいましたが、転職して、必ずしも毎日通勤する必要がなくなったときに、移住を考え始めました。逗子は三方を山に囲まれているからなのか、駅と海の距離が近いからなのか、空気が違うなと感じたんです。特に、駅を降りたときの抜けた空気感、そして、そこから続く穏やかな商店街の雰囲気。ふとした時に海を見に行けるぜいたくな環境にも関わらず、都内へのアクセスが良いことなど、逗子の全てが気に入りました。

Q2.住んでわかった逗子のいいところ

A.まちに余白があり、自分の居場所を作ることができるところ。

 暮らしてみて思うのは、市民活動が盛んだったり、イベントがたくさんあったりと、市民同士が出会うきっかけがすごく多い。人とのつながりが別のつながりを生んで、顔の見える関係性を作りやすいと思います。まちに余白があるから、そこに自分の居場所を作ることができる。自分たちも手をあげたら何かできるんじゃないかという可能性を感じることができるのも魅力ですね。
 

Q3.住んでわかったちょっと微妙なところ

A.思ったより、地価や賃料が高いところ。

 思っていたより、地価や賃料が高いため、お店の新規参入がしづらいところが残念に思います。それでも近い年代の人たちや自分たちから表現したり、発信する人たちが増えてきていることを感じ、うれしく思っています。

Q4.平日&休日の過ごし方

A.土曜日だけの珈琲店

庄司さん2

 元々コーヒーを飲む時間が好きで土曜日だけの珈琲店「アンドサタデー」を始めました。「アンドサタデー」はオンの空間でもあり、オフの空間でもあるため、その時間を楽しんでいます。また、知り合いになったお店を巡ったり、毎週何かしら開催される地元のイベントを楽しんでいます。 


Q5.逗子への移住を検討している人に一言

A.移住相談をはじめました。

 移住するまちに知り合いがいたら心強いと思うし、移住後もアンドサタデーをきっかけに緩やかにつながるコミュニティを作ってもらえたらと思っています。逗子での暮らしに共感する仲間を増やして、もっと楽しく暮らしていきたいですね。
 

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:企画課企画係

電話番号:046-872-8163


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi