平成23年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率について

  「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が、平成20年4月に一部施行され、地方自治体は、 平成19年度決算から、財政の健全化を判断するための4つの指標(健全化判断比率)と、公営企業ごとに経営状況 を明らかにする指標(資金不足比率)を公表することが義務付けられました。さらに、平成21年4月の法律の 全部施行により、これらの指標が一定基準以上となった場合には、財政の早期健全化のための計画(財政健全化計画) 等の策定、実施等が求められるようになりました。


  平成23年度決算に基づく逗子市の健全化判断比率と公営企業の資金不足比率は、それぞれ、早期健全化基準又は経営健全化基準を下回る数値となっています。  今後も、これらの指標や他の財政指標の動向を見極め、引続き健全財政の維持に努めていくことが求められます。


平成23年度決算に基づく健全化判断比率

                                                                                  (単位:%)

比率の区分 平成23年度 平成22年度
本市の比率 早期健全化
基    準
本市の比率 早期健全化
基    準
実質赤字比率
(赤字額なし)
13.08
(赤字額なし)
13.07
連結実質赤字比率
(赤字額なし)
18.08
(赤字額なし)
18.07
実質公債費比率 5.0 25.0 4.8 25.0
将来負担比率 72.1 350.0 73.9 350.0

平成23年度決算に基づく公営企業の資金不足比率

                                                                                  (単位:%)

特別会計の名称 平成23年度 平成22年度
本市の比率 経営健全化
基    準
本市の比率 経営健全化
基    準
下水道事業特別会計
(資金不足額なし)
20
(資金不足額なし)
20

各比率の説明

1 健全化判断比率
  1. 実質赤字比率
     一般会計等を対象とした実質赤字額の、標準財政規模に対する比率
  2. 連結実質赤字比率
     全会計を対象とした実質赤字額(または資金不足額)の、標準財政規模に対する比率
  3. 実質公債費比率
     一般会計等が負担する元利償還金及び準元利償還金の、標準財政規模に対する比率
  4. 将来負担比率
     一般会計等が将来負担すべき実質的な負債の、標準財政規模に対する比率
2 資金不足比率

公営企業の資金不足額の、事業の規模に対する比率



※標準財政規模
  地方公共団体の一般財源の標準規模を示すもので、標準税収入額、地方譲与税等、普通交付税及び臨時財政対策債発行可能額を合計した額

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:財政課

電話番号:046-872-8133


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:秘書広報課へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

Copyright © City of zushi, All Rights Reserved.