重度障がい者医療費助成要綱の改正について

1重度障がい者医療費助成制度の概要

○事業の内容  
(1)実施主体  市町村(政令市含む)    *昭和47年より実施
 
 (2)対象者  
        1.身体障害者等級1・2級の方
      2.知能指数35以下の方(おおむね療育手帳A1・A2)
      3.身体障害者等級3級で、かつ知能指数が50以下(おおむね療育手帳B1)
                                          
(3)病院等で診療を受けた場合に医療保険で支払う自己負担分
      (高額医療費・高額療養費や付加給付金を除く)に対し助成をおこなうもの。
  ○ 費用負担
    公費による。(市)(県補助金)
  ○ 逗子市での利用実績(人数は対象者)
     平成22年度     1,025人  166,702,558円 (内、県補助52,007,000円)
        平成23年度     1,011人 164,803,368円 (内、県補助 48,257,000円)
     平成24年度(見込) 1,150人 164,126,000円

2精神障がい者への適用拡大について

 (経 緯)
 ○ 障害者自立支援法施行により、身体・知的・精神の「3障がい一元化」が図られ、これまでに、障がい者団体や市長会及び町村会から精神障がい者への適用拡大につ
いて要望があった。
  ○ 平成23年度第3回(12月)県議会定例会代表質問において「障がい者の地域生
活支援策の充実について」の質問があり、その際、知事は「重度障がい者の医療費助
成制度の適用については、精神障がい者に拡大する方向で、今後、事業実施主体であ
る市町村と協議を進めてまいります。」と答弁した。
      *平成24年2月1日 神奈川県都市民生行政連絡協議会資料より
 平成24年度より、精神障害者保健福祉手帳1級保持者の通院に係る診療費につい
て、市町村への補助範囲が拡大。

3逗子市としての対応

   ○ 平成24年10月診療分より、精神障害保健福祉手帳1級保持者の通院医療費についても当該制度の適用対象に拡大を予定しております。
 ○ パブリックコメントの実施⇒平成24年7月11日〜8月10日
 ○ 逗子市重度障がい者医療助成要綱の改正
 ○ 対象者(見込) 30人程度 

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:障がい福祉課

電話番号:046-873-1111(代表)(内線:226~229)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:秘書広報課へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

Copyright © City of zushi, All Rights Reserved.