12月3日~9日は障がい者週間です

問 障がい者週間とは何ですか?

答 「障害者週間」は、障害者基本法第9条に定められています。
 平成16年6月の障害者基本法の改正により、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として、従来の「障害者の日」(12月9日)に代わるものとして設定されました。この期間を中心に、国、地方公共団体、関係団体等は様々な意識啓発に係る取組を行います。
 週間の起点となる12月3日は障害基本法の公布日であり、終点となる12月9日は第47回国際連合総会において宣言された国際障害者デー(International Day of People with Disability)でもあります。

障がいを理由とする差別をなくそう

 障がいのある人もない人も共に生きる社会をめざすため、障害者差別解消法では、障がいを理由とする不当な差別を禁じています。 
 この法律は身体、知的、精神その他心身に障がいがある人に対する不当な差別的扱いを禁止しているだけではありません。
 社会的障壁(障がいのある人の生活の障壁となる物事、制度、慣行等など)を取り除くための努力が必要であると定めています。
 また、障がいのある人から社会的障壁を除去するよう求める意思の表明があった場合、行政機関及び民間の事業者は負担が過重でない場合は、社会的障壁の除去のために、合理的配慮を提供するよう定めています。
 社会的障壁を除去するための合理的配慮の提供は行政機関にとっては義務です。民間事業者にとっては努力義務です。この義務に対しては罰則こそありませんが、できることはやらなければならないのです。
 社会的障壁は障がいによって異なります。すべての社会的障壁を取り除くためには膨大な努力と必要ですし、時間がかかるかもしれません。費用や労力の点で、できないこともあります。
 しかし、障がいのある人にとって暮らしよい街は、障害のない人にとっても暮らしやすい街です。できることから取り組むことが重要です。

障害者差別解消法について(リンク)
 

ふれあい作品展

逗子市では、毎年「障害者週間」に合わせて、障がいのある方々が制作した作品を展示しています。日頃の成果をぜひご覧ください。
ふれあい作品展(リンク)

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:障がい福祉課

電話番号:046-873-1111(代表)(内線:221~224)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi