消火器の破裂事故に注意

1 なぜ、破裂するのか

  加圧式の消火器内部には、加圧されたガス容器が内蔵されています。安全ピンを外し、消火器のレバーを握ると、カッターがこの容器の封板を破り、本体容器の内部が加圧され、その圧力で薬剤が放出される構造となっています。その時、消火器本体に腐食や変形があると、その部分が圧力に耐えられなくなり、破裂が起こるのです。
 

   注 意 !

消火器1 消火器2
溶接部とその周辺の腐食 使用に耐えない腐食

2 消火器の廃棄について

容器に腐食や変形がある消火器や不用になった消火器については、放射、解体等の廃棄処理を自ら行うことは絶対にしないでください 。廃棄する消火器については、一般ごみとして捨てることができませんので、購入先または販売店等に廃棄処理を依頼してください。(消火器の廃棄処理は、メーカーや消火器の種類等によって料金に違いはありますが、原則として有料になります。)

3 消火器の維持管理について

消火器の設置場所は、できるだけ風通しが良く、目につきやすい場所とし、風雨にさらされる場所や湿潤な場所等は避けてください。屋外に設置する際は必ず格納箱を使用し、屋内に設置する際は消火器を床面に直接設置しないようにしましょう。
 また、落下物や転倒等による誤噴射を防止するための安全ピンが正しい位置にあるか、消火器の外観部(特に死角となる底部)に錆や腐食等がないか、日ごろから点検を心がけ ましょう。

4 こんな消火器は絶対に使用しないでください

 (1) 消火器全体に錆や腐食があるもの。

 (2) 溶接部及びその周辺の錆や剥離のあるもの。

 (3) 消火器に著しい変形のあるもの。

 (4) 錆を落としても腐食の残るもの。

 (5) 表面にボツボツのできているもの。

この情報に関するお問い合わせ先

消防本部:消防予防課

電話番号:046-871-4326


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

お問い合わせ

逗子市消防本部

〒249-0005
神奈川県逗子市桜山2-3-31

電話番号 046-871-4325

ファックス番号 046-872-4330

火災等の情報

電話番号 046-871-9999

休日・夜間の病院の情報

電話番号 046-872-9999

その他

電話番号 046-871-0119

子どものページ
街路灯
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi