ガソリン携行缶を安全に取り扱うための留意事項

 平成25年8月15日、京都府福知山市の花火大会会場で多数の死傷者を出す火災が発生しました。特に、火気を使用する屋台等における防火安全対策が極めて重要であり、使用される燃料についても、ガソリン等の危険物の貯蔵・取扱いについては細心の注意が必要です。

ガソリンを使用するときには、以下の留意事項を必ず守ってください。

1 ガソリンを取り扱っている周辺で、火気や火花を発する機械器具を用いないようにしまし
 ょう。
 (ガソリンの特性として引火点がマイナス40度と低く、極めて引火しやすい。)

2 静電気による着火を防止するためには、金属製容器で貯蔵するとともに、地面に直接置く
 など静電気の蓄積を防ぐ必要があります。また、消火器を必ず準備しましょう。

3 ガソリン容器からガソリンの蒸気が流出しないように、容器は密栓するとともに、ガソリ
 ンの貯蔵や取扱いを行う場所は、火気や高温部から離れた直射日光の当たらない通風、換気
 の良い場所とすることが必要です。特に夏期においてはガソリンの温度が上昇し、ガソリン
 の蒸気圧が高くなる可能性があることに留意しましょう。

4 取扱いの際には、開口前の圧力調整弁の操作等、取扱説明書等に書かれた容器の操作方法
 に従い、こぼれ・あふれ等がないよう細心の注意を払いましょう。万一流出させてしまった
 場合には少量であっても回収・除去を行うとともに周囲の火気使用禁止や立入りの制限等が
 必要です。衣服や身体に付着した場合、直ちに衣服を脱いで大量の水と石けんで洗い流しま
 しょう。

5 ガソリンの使用機器の取扱説明書等に記載された安全上の留意事項を厳守し、特にエジン
 ン稼働中の給油は絶対行わないようにしましょう。
挿絵
携行缶

この情報に関するお問い合わせ先

消防本部:消防予防課

電話番号:046-871-4326


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

お問い合わせ

逗子市消防本部

〒249-0005
神奈川県逗子市桜山2-3-31

電話番号 046-871-4325

ファックス番号 046-872-4330

火災等の情報

電話番号 046-871-9999

休日・夜間の病院の情報

電話番号 046-872-9999

その他

電話番号 046-871-0119

子どものページ
街路灯
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi