平成30年度 人権教育講演会

SDGsと私たち/チェンジの扉~児童労働に向き合って

「誰も置き去りにしない」世界へ。世界が一丸となって目指す目標とは?

講演会チラシ

SDGs(エスディージーズ)とは国連サミットで採択された、2016年から2030年までの国際目標です。<持続可能な世界>を実現するために17のゴールを定めており、日本も積極的に取り組んでいます。たとえば2020年東京五輪・パラリンピックは「再生可能エネルギーの活用」「食品ロスを減らす」などSDGsに沿った大会運営を目指しています。
SDGsとは何か?世界の子どもたちとの関係は?逗子に住む私たちの暮らしとの関係は?講演とパネルトークを通して、私たちにできることを考えていきます。

●日時:平成30年12月15日(土)13時10分~15時00分
●場所:逗子文化プラザさざなみホール
●参加費:無料 (事前のお申し込みは不要です。直接会場にお越しください。)
手話通訳・要約筆記:ご希望の方は、12月6日(木)までに逗子市教育委員会社会教育課までお申込みください。


プログラム

講演「SDGsと私たち」
SDGsの基本についてや国際的な動向などをわかりやすく解説します。また私たちがどのような行動をとることができるのか、アクションプランもご紹介します。
講師:長澤恵美子さん(一般社団法人日本経済団体連合会SDGs本部統括主幹)

講演「チェンジの扉~児童労働に向き合って」
SDGsのターゲットのひとつである児童労働の撤廃。ガーナ、インドでの児童労働の撤廃を目指した活動を通してみえてきたのは「人生は選択でき、変えることができる」ということ。これは日本で悩みや困難を抱えながら暮らす私たちも同じです。多様性の社会を「私たちはどう生きるか」考えます。
講師:岩附由香さん(認定NPO法人ACE代表)

パネルトーク「SDGsと逗子の私たち」
パネリスト:小田鈴子さん(逗子みんなの食堂、元副市長)x 長澤さん x 岩附さん

※この講演等は、逗子フェアトレードタウンの会が主催する「逗子フェアトレード・フォーラム」の第1部として行います。

お問い合わせ

逗子市教育委員会社会教育課
 ・TEL    046-873-1111(受付時間 平日8:30~17:00)
 ・ファクス 046-872-3115
 ・Eメール   syakaikyouiku@city.zushi.lg.jp
 
 

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:社会教育課

電話番号:046-872-8153


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi