文化財保護のしくみ

文化財とは

文化財保護法(以下、法)には「わが国の歴史・文化等の正しい理解のために欠くことの
できないものであり、且つ、将来の文化の向上発展の基礎をなす」ものとして記載されて
おり、政府及び地方公共団体は「その保存が適切に行われるように(中略)努めなければな
らない」(法第3条)とし、国民、所有者等はこれに「誠実に協力しなければならない」(法
第4条第1項)と定めています。

1.文化財の種類

文化財の種類は、次のように分類されています。
 (1)有形文化財 (建造物、美術工芸品)
 (2)無形文化財 (芸能、工芸技術)
 (3)民俗文化財 (有形:民具等 無形:民俗芸能等)
 (4)記念物 (遺跡、名勝地、動植物)
 (5)文化的景観 (地域的人工景観地)
 (6)伝統的建造物群 (歴史的風致を形成する建造物群)
 (7)埋蔵文化財 (土地に埋蔵されている遺構、遺物等)
 (8)文化財保存技術 (文化財の保存に不可欠な伝統的技術、技能)

2.保護の制度

文化財を保護するためのしくみには、次のようなものがあります。
1.文化財保護法による保護制度
 (1)指定 (重要文化財・国宝、重要無形文化財、重要民俗文化財、史跡名勝天然記念物)
 (2)選定 (重要文化的景観、重要伝統的建造物群保存地区、選定保存技術)
 (3)登録 (有形文化財、登録有形文化財民俗文化財、登録文化財)
 (4)周知 (埋蔵文化財包蔵地(遺跡))
2.神奈川県文化財保護条例による保護制度
 (1)指定 (重要文化財、重要無形文化財、重要民俗文化財、史跡名勝天然記念物)
 (2)選定 (選定保存技術)
3.逗子市文化財保護条例による保護制度
 (1)指定 (重要文化財、史跡名勝天然記念物)

※所有者管理の原則と現状変更の制限(許可制及び届出制)

3.逗子市内に所在する指定文化財等

逗子市内に所在する文化財の内訳はつぎのとおりです。
 ○文化財保護法指定及び登録 6件 (建造物1、史跡3、登録有形2)
 ○県条例指定 8件 (絵画2、彫刻1、工芸1、建造物1、天然記念物2、考古資料1)
 ○市条例指定 19 件 (彫刻8、工芸2、建造物2、史跡5、天然記念物2)

 詳細は、逗子市の重要文化財のページをごらんください。
 →こちらをクリック

4.活用に向けて

文化財は適切に保存するとともに、できるだけ公開活用することが求められています。
 (1)公開の奨励(法第4条、法第47 条から第53 条)
 (2)自治体による公開への補助(公開に係る補助制度)
 (3)出土品の公開活用(文化庁(次長)通知:
     「出土品の取扱いについて」(平成9年2月)
     「出土品の保管について」(平成15 年10 月)
     「埋蔵文化財の保存と活用-地域づくり・ひとづくりを目指す埋蔵文化財保護行政-」
   (平成19 年2月)

5.印刷用(ダウンロードはこちら)

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:社会教育課

電話番号:046-872-8153


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi