逗子の強みと弱み 『逗子型』を考えるヒント

<強み>
A1 山があり、海がある
A2 文化的な活動が盛んである(劇団や第九を歌う会など)
A3 小さい町だからこそ、人の顔が見える関係がつくれる
A4 小さい町だから「まちづくり」をキーワードに、多様なセクターと手がつなげる
A5 民主主義の実験場といわれたこともあるとおり、昔から市民運動、住民運動が活発である
A6 人口は少ないが、特色として、文学、建築、音楽、まちづくりなどの学識者が多く、オピニオンリーダー的な存在となっている(けれども積極的に参加はしない)
など
 
 
<弱み>
B1 市民活動に関してはまだまだ遅れている
B2 市への注文をする声の大きい市民は多いが、提案型参加型の市民は少ない
(小さい町であるがゆえ、大きな声のものになびきやすい)
B3 小さい町であるがゆえ、サービス提供の顧客となるべき受け皿が小さい
B4 ベッドタウンゆえ、地域のつながりが年々希薄になってきている
など  
 
  逗子型協働を実現するためには、<弱み>を<強み>に変えていくような展開が必要である。
B2やB3などは特に障害となりやすいが、例えば、行政に対して大きな声を出す市民のエネルギーを市民活動に生かせれば有効なものになる。B2とA5を合わせると弱みがだったものがさらに大きな強み(ムーブメント)になりえる。

 

総合窓口の光景

協働 異質の能力をもった複数の参加者が目的を共有し、対等の関係で、互いの資源、能力を持ち寄り、協力して事業を実施し、協働の責任を負うこと

この情報に関するお問い合わせ先

市民協働部:市民協働課市民協働係

電話番号:046-872-8156


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi