協定締結式

「家庭用生ごみ処理容器の普及拡大に関する協定」を結びました。

協定締結先・協定締結日

■逗子市商工会  ■平成25年10月4日
商工会会長と逗子市長
関係者とバクテリアdeキエーロ

協定締結の目的

逗子市と逗子市商工会が連携することによって、逗子市のごみ減量化資源化施策の推進を図ることを目的とします。

内容

1.生ごみ処理容器「バクテリアdeキエーロ」の注文窓口が増えます。
→逗子市商工会が、家庭用生ごみ処理容器「バクテリアdeキエーロ」の販売を行い、商工会会員の商店等が販売取次店となることで、市内の「バクテリアdeキエーロ」注文窓口が増えることになります。

2.助成金の申請方法が簡単になります。
→従来は生ごみ処理容器購入時に代金の全額を払って購入し、後から購入者に市から補助金が支払われる仕組みでしたが、協定を結んだことで、購入代金から補助金額を差し引いた自己負担分のみを支払えば購入できるようになりました。
※商工会及び商工会会員から購入した生ごみ処理容器に限ります。

【逗子市商工会の被災地支援について】
逗子市商工会では、バクテリアdeキエーロの製造・販売にあたり、原材料の木材として、岩手県陸前高田市の津波防災対策で大量に発生する皆伐材も一部使用し、製造は(竹駒小学校の)仮設住宅にお住まいの方々が行うことにより、雇用創出を含めた被災地支援につなげる取組みを行っていきます。

「バクテリアdeキエーロ」について

バクテリアdeキエーロ

バクテリアdeキエーロは、平成22年度から現在(平成25年9月末)まで、逗子市の生ごみ処理容器購入費等助成制度の申請件数が最も多い生ごみ処理容器です。
生ごみを土に入れて混ぜるだけで、ランニングコストもかからず、利用者からは、におわない・虫がわきにくいと評判です。油・ドレッシングなどの液体や、腐った食べ物も入れることができます。


この情報に関するお問い合わせ先

環境都市部:資源循環課

電話番号:046-872-8126


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi