ごみ処理広域化の経緯

平成9年1月

「ごみ処理に係るダイオキシン類発生防止ガイドライン」策定・・  資料1

内容・・恒久対策について

(1)減量化、リサイクルの推進、(2)ダイオキシン排出削減対策、(3)ごみ処理の広域化、(4)焼却灰・飛灰の処理、(5)最終処分場対策

平成9年5月

「ごみ処理の広域化計画について」通知(国→県)・・資料2

内容・・「上記ガイドラインに基づき、ごみ処理に伴うダイオキシン類の排出削減を図るため、各都道府県は、ごみ処理の広域化について検討し、広域化計画を策定するとともに、本計画に基づいて貴管下市町村を指導されたい」

平成10年3月

「神奈川県ごみ処理広域化計画」策定(県)・・資料3

内容・・ごみ処理の広域化の必要性は、(1)リサイクルの推進(2)ダイオキシン類の削減(3)エネルギーの有効利用(4)ごみ処理経費の縮減 

県内市町村を9つにブロック割り

平成10年7月

「横須賀三浦ブロックごみ処理広域化協議会」設置・・資料4

平成11年3月

「平成10年度横須賀三浦ブロックごみ処理広域化実現可能性調査報告書」作成・・資料5(リンク先は資料6と同じです)

平成12年1月

「横須賀三浦ブロックごみ処理広域化実現可能性調査最終報告書」

作成・・資料6

平成13年3月

「平成12年度横須賀三浦ブロックごみ処理広域化基本計画基礎調査報告書」作成・・資料7

平成13年4月

「横須賀三浦ブロック広域連合設立準備協議会」設置・・資料8

平成16年3月

「横須賀三浦ブロックごみ処理広域化基本構想(素案)中間報告」

作成・・資料9

内容・・(1)広域化に向けて(2)広域化に係る基礎的事項(3)広域処理開始前に各市町が取り組むごみ処理の内容(4)広域で取り組むごみ処理の内容(5)広域処理施設の整備(6)今後の検討課題

平成17年2月3日

4市1町首長懇談会

結論・・「4市1町広域化に軸足を置きながら、エコループの検討も進め、本年12月末までに広域化についての結論を出す」で意見一致

平成17年9月13日

山北町長

エコループプロジェクトの立地候補地としての検討を断念・・資料10

平成17年12月26日

4市1町首長会議・・資料11

結論・・「横須賀市、三浦市及び葉山町の2市1町と鎌倉市及び逗子市の2市での2グループ体制で、当面のごみ処理広域化を推進する」という方向性を確認

平成18年1月31日

「横須賀三浦ブロック広域連合設立準備協議会」解散

平成18年2月14日

「鎌倉市・逗子市ごみ処理広域化検討協議会」設置・・資料12

平成18年4月24日

「覚書」締結・・資料13

平成22年2月4日   2市覚書を解除し、今後の協議についての確認書を取り交わす・・・・
平成28年5月31日 「鎌倉市・逗子市・葉山町ごみ処理広域化検討協議会」設置・・資料14
平成28年7月29日 「覚書」締結・・資料15

 

 横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市及び葉山町(以下「4市1町」という。)で構成していました「横須賀三浦ブロック広域連合設立準備協議会」は、『横須賀三浦ブロックごみ処理広域化基本構想(素案)中間報告』で今後の課題となっていました広域組織、植木剪定枝の資源化、負担割合と財政計画について検討してきました。

 しかし、課題の解決が困難であり、これ以上遅延が許されない状況であったため、平成17年12月26日に開催されました4市1町調整会議(首長会議)において、現実的な方策として2グループ体制(横須賀市、三浦市及び葉山町と鎌倉市、逗子市)で当面のごみ処理広域化を検討するという方向性の確認がされました。
 

  平成18年1月31日には、横須賀三浦ブロック広域連合設立準備協議会を解散し、鎌倉・逗子グループは、広域処理について必要な調査・検討をするために、2月14日に「鎌倉市・逗子市ごみ処理広域化検討協議会」を設置し、4月24日には「覚書」を締結致しました。
 

  その後、2市はこの「覚書」に基づいて、ごみ処理広域化に関しての検討・協議を行ってきましたが、平成20年3月、逗子市としては生ごみのバイオガス化施設について、鎌倉市と共同処理しないことを決定しました。理由は2つあります。1つは設置予定地が、鎌倉の名越から関谷に変更になり、運搬費を含めると共同処理するコストメリットがなくなったこと。もう1つは一般家庭から出る生ごみのみのバイオガス化施設は都市部での稼動施設がなく、効果が確認できなかったことです。
 

  また、新たな焼却施設の整備については、設置場所に対する両市の考え方の違いから、具体的な検討には至らず、そのような状況から、平成21年2月には、平成21年度施政方針及び予算提案説明において、「逗子市としては、生ごみの資源化・減量化施策の全市域での実現はさらに数年の検討を要すること、また、広域であれ、単独であれ焼却炉を新設するには、生ごみの資源化の実績を見定めなければ炉の規模すら決まらないこと、さらに新炉の計画から供用開始までには7年から8年以上を要することから、現時点では、既存炉の大規模改修により、少なくとも10年を超える延命化を行う必要がある」という市の方針を表明しました。

 

 平成22年2月4日には、事実上解消状態となっていた平成18年4月24日の「覚書」を解除し、新たに「確認書」を取り交わしました。


 広域連携の新たな枠組みを構築すべく、平成28年5月31日に新たに葉山町を加えた「鎌倉市・逗子市・葉山町ごみ処理広域化検討協議会」を設置し、同年7月29日に「覚書」を締結致しました。また、平成22年に交わした2市確認書については、同日を以て解除いたしました。
 

今後は、具体的な役割分担等について、協議を進めていきます。

この情報に関するお問い合わせ先

環境都市部:資源循環課

電話番号:046-872-8126


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

よく閲覧されるページ

逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi