傷病鳥獣の保護

 けがや病気などで動けなくなった野生鳥獣(鳥やタヌキなど)を見つけた場合、原則として保護した方が直接、治療をしてしくれる動物園などに搬送していただくことになります。
 
 お手数をおかけしますが、下記の県内保護施設に事前に連絡をして、ご自身で保護施設(動物園など)まで搬送していただくようお願いします。
県内の保護施設
施設名 所在地 電話番号
横浜市立金沢動物園 横浜市金沢区釜利谷東5-15-1 045-783-9101
横浜市立野毛山動物園 横浜市西区老松町63-10 045-231-1392
横浜市立よこはま動物園ズーラシア 横浜市旭区上白根町1175-1 045-959-1000
神奈川県自然環境保全センター 厚木市七沢657 046-248-0323

**保護する際の注意事項**

・保護するために捕まえる際、野生鳥獣が捨て身で攻撃してくることもあり得ます。捕獲するときは十分に注意してください。
・けがや病気で動けない状態でも、素手で触ることは避けてください。
・捕獲(保護)した後は、野生鳥獣からの細菌などの感染を防ぐためにも、石鹸などでよく手を洗ってください。
・無理に捕まえようとはしないでください。かえって動物にとっては大きなストレスになります。一見かわいそうにみえますが、自然の摂理にまかせるのも一つの方法です。

*保護のために捕まえた野生鳥獣であっても、許可なく飼育することは法律で禁じられています。

巣立ち前のヒナを拾わないでください。

   毎年、春から初夏にかけてのこの時期は、野鳥の子育ての季節です。公園や庭などで地面にいる野鳥のヒナを見かけることもあるかもしれません。
 迷子かな? と思われるかもしれませんが、心配はありません。
 野鳥のヒナは上手に飛べない状態で巣立つことが多いのですが、近くで親鳥が見守っています。親鳥は人がヒナのそばにいると警戒して近づけないので、ヒナを見かけても、その場を去る方がよいでしょう。
 もし、猫などが近くにいて危害を加えそうだったら、ハンカチやティッシュでやさしくヒナをくるみ、近くの木などの高い場所や草の茂みの中に移して、静かにその場から立ち去ってください。怪我をしているなどで、どうしても助けたい場合は、金沢動物園などに連絡をした上で、ご自身でヒナを搬送してください。
鳥の親子

 


 親鳥がそばで見守っています。
 人が近くにいるとヒナのところへ行けません。
 



保護できない野生鳥獣

ドバトとカラス

 ドバトとカラスはもともとの生息数が多く、ことにカラスはごみ集積所を荒らしたり、繁殖期には巣に近づく人間を襲ったりすることがあるため、保護をすることはできません。
 また、傷病鳥獣を受け入れている動物園でも、受け入れ数に限度があり、希少な野生動物の保護を優先する必要があることから、受け入れを行っていません。 

特定外来生物(アライグマ、ハクビシン、タイワンリス)

 市内では、アライグマやタイワンリスなどの野生化した外来生物(もともと日本には生息していなかった生物)による生活被害が発生しています。また、自然生態系への影響も懸念されていることから、外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)により、有害鳥獣として駆除の対象としています。
駆除の相談についてはこちらをご覧ください。

この情報に関するお問い合わせ先

環境都市部:緑政課

電話番号:046-872-8125


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi