平成26年度
   臨時福祉給付金(簡素な給付措置)

カクニンジャ




逗子市の臨時福祉給付金の申請受け付けは、
平成26年12月26日(金)をもって終了しました。


平成27年度の臨時福祉給付金については、平成27年度のページをご覧ください。


1.臨時福祉給付金の概要

臨時福祉給付金とは

 平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられましたが、所得の低い方々への負担に鑑み、暫定的・臨時的な措置として、臨時福祉給付金を支給します。
 この給付金を受け取るには、平成26年1月1日時点で住民票のある市町村への申請が必要になります。
 対象となる方は申請期間内に申請していただくようお願いします。

※制度については厚生労働省のページもご参照ください。

給付対象者

fukushi

基準日(平成26年1月1日)において逗子市に住民登録されている方で、平成26年度分市県民税(均等割)が課税されていない方が対象です。

ただし、  
      ご自身を扶養している方(世帯主等)が課税される場合
    生活保護制度の被保護者となっている場合      
                                                         などは対象外です。

Q:自分が市県民税(均等割)が課税されているか
  どうか、どうすれば分かりますか?

A:例えば、
  ・ご自身の給与支給明細書の「住民税」の項目に「課税額」が記載されている場合
  ・65歳以上の方であれば、介護保険料決定通知書に記載されている「保険料の段階」
   が第7段以上(逗子市の場合)となっている場合
 には、基本的に市県民税が課税されています。


給付額

○給付対象者1人につき 1万円

○給付対象者の中で下記に該当する方は、5千円を加算
  ・老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金等の受給者など
  ・児童扶養手当、特別障害者手当等の受給者など
 詳細は下記PDFファイルをご確認ください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader® 外部リンクが必要です。


申請手続   ※受付期間は終了しました。

○申請先
逗子市社会福祉課(臨時給付金担当) 「臨時福祉給付金」窓口
 郵送又は窓口(市役所2階)に直接お持ちください。
 平成26年1月1日時点で逗子市に住民票がある方が対象です。

※平成26年1月2日以降逗子市に転入してきた方は、平成26年1月1日時点で住民票のある市区町村が申請先となりますので、ご注意ください。

○申請期間
平成26年7月15日(火)~12月26日(金)

○提出書類
申請書
 対象となる可能性のある方に7月中旬、郵送致しました。
 
※申請書が郵送された方であっても、支給対象とならない場合がございますのであらかじめご了承ください。

※申請書には押印又は署名(フルネーム)が必要です。
※申請書の提出には、以下の添付書類が必要です。

1 本人確認書類
・申請書 1申請・受給者の本人確認書類(写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、旅券の写し等)を添付してください。
・写真付きの本人確認書類をお持ちでない場合は、国民健康保険証、介護保険証等ご住所、氏名の確認できる公的機関からの書類の写しを2点添付してください。
・代理申請・受給をされる場合は、代理人の本人確認書類(場合に応じて代理関係が確認できる書類)も添付してください。
・外国の方の本人確認書類は、在留資格等を確認する必要があるため、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、在留カード又は特別永住者証明書とみなされている外国人登録証明書のいずれかの写しとなります。

2 振込先金融機関口座確認書類
口座の金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し

その他、加算対象であるかを確認する書類や、課税状況を確認する書類を添付していただく場合がございます。詳細は申請書に同封している「留意事項」を必ずご確認ください。

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

 配偶者からの暴力を理由に避難しているが、事情により、基準日(平成26年1月1日)
時点で住民票を移すことができていない方で、一定の要件を満たす方は、今実際にお住
まいの市町村に申し出て
いただくことにより、次のような取扱いを受けることができま
す。

 ・手続の完了後は、配偶者等から、申出を行った方の臨時福祉給付金の代理申請は
  できなくなります。

 ・住民登録を行っている市区町村ではなく、今実際にお住まいの市区町村に臨時福祉
  給付金の支給の申請を行うことができます。


   ※申出を行った際に、既に配偶者等が代理申請を行っている場合は、上記の取扱い
   を受けることができない場合があります。
   ※臨時福祉給付金の支給申請手続は、申出とは別に行う必要があります。 

ご注意

 原則として、申請期間外の申請や、平成26年1月1日時点で逗子市に住民票がない方の申請は受け付けられませんのでご注意ください。

※一定の住居を持たない方で、いずれの市区町村にも住民票がない方については、平成26年1月2日以降であっても逗子市で住民票の手続きを行えば申請を行うことができます。

 申請期間等は各市区町村によって異なります。
 逗子市以外が申請先となる方は、事前にその市区町村に問い合わせるか、ホームページ等で確認するようにしてください。

 「子育て世帯臨時特例給付金」と、対象となるのは、どちらか一つの給付金です。2つの給付金については6月広報ずしの折込チラシをご覧ください。

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:社会福祉課(臨時給付金担当)

電話番号:046-872-8113


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi