空家等の適性管理に関すること

 近年、管理の行き届かない老朽化した空家等が問題となっています。所有者・管理者は、周囲に悪影響を及ぼさないよう、その責任において空家等を適正に管理しなければいけません。
 市は、管理不全な状態の空家等の所有者・管理者に対し、維持管理を促し危険な状態のときは改善を求めることができるよう、「空家等対策の推進に関する特別措置法」(平成27年2月26日施行)を運用しています。

対象となる空家等とは

 居住など管理されていない建築物等であって、以下の状態のものが対象となります。

(1)倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
(2)著しく衛生上有害となるおそれのある状態
(3)適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
(4)その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

市民からの情報提供について

 管理不全な状態である空家等があり、困っている場合には、情報をお知らせください。 
 ただし、影響が相隣関係に止まっている民事上の問題については、市が直接関わることはできません。
 空家等の問題で、専門家に相談される場合は法律相談を紹介している窓口までお問い合わせください。
 

空家等の管理は所有者・管理者の責任です

 所有者・管理者は、周囲に悪影響を及ぼさないよう空家等を適正に管理しなければいけません。また、危険な状態の空家等を増やさないために、所有者・管理者だけでなく近隣の住民・自治会・市が連携して被害を未然に防ぐことが大切です。 

空き家の発生を抑制するための特例措置について

 相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む。)又は取壊し後の土地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除します。
 本特例の適用を受けるに当たっては、一定の要件や必要書類の提出がありますので、詳しくは、以下のWebページをご覧ください。また、本特例の対象になるかどうかのご質問については、管轄の税務署にお問い合わせください。
 確認書の交付には、1週間から10日程度かかります。ただし、提出書類に不備等があった場合には、書類の修正や追加提出をお願いすることがありますのでさらに日数がかかることがあります。税務署への提出期限を考慮し、余裕をもって申請してください。
 なお、郵送希望する場合には、切手を貼った返信用封筒を同封してください。

この情報に関するお問い合わせ先

環境都市部:まちづくり景観課

電話番号:046-872-8124


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi