高齢者入浴手帳【入浴助成券】

公衆浴場を交流の場として地域の高齢者や他世代とのふれあいを図り、健康で生き生きとした
生活を送ることができるよう、高齢者入浴助成事業(年1回、高齢者入浴手帳配付)を行っています。
この事業は、高齢者の福祉の観点から、外出支援や健康増進、利用者との交流の促進等を目的にしています。


【平成29年度の入浴手帳について】
逗子市内及び鎌倉市内の指定公衆浴場で利用できる入浴手帳(入浴助成券)を交付します。

対象者

逗子市に住民登録している65歳以上の高齢者

申込方法

平成29年度は3月31日(金)から平成30年3月31日(土)まで
高齢介護課  高齢福祉係(市役所1階9番窓口)にて受付します。

申込に必要なもの
 1 印鑑(認印可)又は身分証明書

     (※ 身分証明書は公的機関が発行したものに限ります)
 2 逗子市入浴手帳(入浴助成券)申込書
   
  (※ 申込書は窓口に用意しています)

Q&A
 Q1. 65歳以上の同居家族の分を一緒に申し込みできますか?
 A1. 申し込みできます。
 Q2. 友人の分を代理で申し込みできますか?
 
A2. 委任状(窓口に用意しています)を添えて申し込んでください。委任状がない場合は申し込みできません。
  Q3. 身分証明書とは、どのようなものですか?
 
A3. 運転免許証、健康保険被保険者証、介護保険被保険者証等公的機関が発行したものに限ります。(病院の診察券、預金通帳等は不可です) 

入浴手帳の使い方

 指定の公衆浴場利用の際、入浴手帳(入浴助成券)を受付に提示してください。1回の利用につき150円の自己負担で公衆浴場を利用できます。
入浴助成券の枚数
 1月当たり6枚(平成29年4月申込の場合、72枚)
入浴助成券の使用期限
 交付年度の3月31日(平成29年度の入浴手帳の場合、平成30年3月31日)
入浴助成券を使える公衆浴場

注意事項
 
1 入浴助成券は切り取らずに提示してください。ご自分で切り取ると無効です。
 2 入浴手帳には、写真の貼付が必要です。(氏名、生年月日、住所、電話番号は申込時に記載されます)
 3 入浴手帳は、本人以外使用できません。(他人への譲渡、貸与は禁止します)
 4 入浴手帳を紛失した場合、再交付はできません。大切に使用してください。

Q&A
 Q1. 入浴手帳に写真貼り付けが必要なのはなぜでしょうか?

 A1. 本人確認をするためです。お手数ですが、写真を貼ってください。(モノクロ写真や、スナップ写真からの切り抜きでも構いません)

 Q2. 入浴手帳を汚してしまった場合、再交付はできますか?
 A2. 汚してしまった入浴手帳と引き換えに、再交付できます。

 Q3. 10月に申し込みをしたら、入浴助成券が36枚しかありません。なぜでしょうか?
 A3. 助成券の数は1ヶ月当たり6枚です。4月に申し込むと72枚、3月に申し込むと6枚となります。

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:高齢介護課高齢福祉係

電話番号:046-873-1111(代表)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi