高齢者の障害者控除

高齢者の障害者控除

1 障害者控除対象者認定書とは

 65歳以上で寝たきりや認知症のある人、あるいは身体障がい者や知的障がい者に準ずる人、又はその高齢者を扶養している人に対して、所得税、市・県民税の確定申告等の際に控除を受けるための「障害者控除対象者認定書」を発行します。

 ※ 障害者控除対象者認定書は所得税、市・県民税の控除以外の用途には使用できません。

2 障害者控除対象者認定書の対象となる人

 控除を受けようとする年の12月31日現在で、次の条件を全て満たす人

(1)逗子市に住民登録がある65歳以上の逗子市介護保険第一号被保険者
(2)要支援・要介護認定を受けている人、又は逗子市の障害者控除認定基準に当てはまる人


 ※ 介護保険の住所地特例により市外の施設に居住している人等、逗子市に住民登録がない人は逗子市では認定書を発行することができません。住民登録がある市町村にお問い合わせください。
 ※ 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人は、手帳が控除の証明となるので、障害者控除対象者認定書は必要ありません。
 ※ 控除を受けようとする年の12月31日以前に死亡した場合は、死亡した日を基準とします。

3 申請できる人

(1)対象となる人
(2)対象となる人の親族

4 認定の基準

 逗子市障害者控除対象者認定基準に基づき、介護保険認定調査の「認定調査票」及び「主治医意見書」を確認して認定します。

5 申請方法

 平成29年分の認定申請は、平成30年1月4日(木)から受付します。平成28年以前の分は、随時受け付けしています。
(1)提出書類

 記入例を参考に、「障害者控除対象者認定交付申請書」に必要事項を記入のうえ、窓口又は郵送で提出してください。(申請書、記入例は窓口にも用意しています。)

  窓口で提出:来庁者の保険証か運転免許証など身分を確認できるものをご持参願います。
  郵送で提出:申請者の保険証か運転免許証などの写しを同封願います。
 

 介護保険の認定調査書内容を審査のうえ、申請書受付けから一週間程度で認定書を発行し、郵送にてお届けします。

 ※ 要支援・要介護認定を受けていない人の場合、主治医の診断書(「主治医意見書」と同基準で日常生活の自立度が記載されたもの:下記例示様式参照)を提出してください。

(2)提出先の窓口

 逗子市高齢介護課高齢福祉係(逗子市役所1階9番窓口) 12月29日〜1月3日、土・日・祝日を除く平日の8:30〜17:00
 

(3)郵送で提出する場合の宛先

 〒249-8686 逗子市逗子5-2-16 逗子市高齢介護課高齢福祉係宛
 

6 Q&A

 Q. 電話、FAX、Eメールによる申請はできますか?
 
A. 電話、FAX、Eメールでは受付けできません。窓口又は郵送で申請してください。

7 参考

 国税庁 
  No.1160 障害者控除
  No.1185 市町村長等の障害者認定と介護保険法の要介護認定について


 確定申告等の手続きについては、税務署にお問い合わせください。

 鎌倉税務署 

 〒248-8501 神奈川県鎌倉市佐助1丁目9番30号
 電話:0467-22-5591(代表)

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:高齢介護課高齢福祉係

電話番号:046-873-1111(代表)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi