市長記者会見 平成24年8月29日(水)

■日時:平成24年8月29日(水)    午後1時30分から午後1時45分まで
■場所:第5会議室
■出席社:朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、東京新聞、共同通信、NHK、鎌倉ケーブルテレビ、タウンニュース
■出席者:平井市長、小田副市長、平野経営企画部長、鈴木総務部長、和田福祉部長、村松秘書広報課長
■陪席者:石井秘書係長


【市長】
  皆さま、こんにちは。お忙しい中、お集まりをいただきましてありがとうございます。それでは、第3回定例会の開催に向けました定例の記者会見を始めさせていただきます。本日、平成24年市議会第3回定例会を9月5日に招集するという告示を行いました。日程等は、後日、市議会の議会運営委員会で決定されることになっております。私から皆さんへは、付議予定事件の概要について、ご説明を申し上げます。
  付議予定事件は、報告案件が4件、株式会社パブリックサービスの経営状況の報告、損害賠償の額の決定による専決処分の報告、そして、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づいて、健全化判断比率及び資金不足比率をそれぞれ報告するものでございます。
  それから、議案といたしましては、専決処分の承認が3件、一般会計補正予算第2号、その他条例の改正ということになっております。
  この一般会計の補正予算第2号については、社会福祉法人湘南の凪の指定障害福祉サービス事業所による介護給付費の不正請求に関して、国及び県へ返納するための経費と、それから、他には不活化ポリオワクチン接種実施のための予防接種事業費を増額したものを専決処分をいたしましたので、それの報告ということになります。
  それから、損害賠償の額の決定の2件ということで、先般の台風等による被害についての賠償の額の決定についての案件ということになります。
  それから、工事請負契約の締結が2件ということで、市営池子住宅建築工事、それから、新宿滞水池築造工事についての契約が、入札の結果、固まりましたので、議案として提出するものでございます。
  それから、条例の一部改正が3件ということで、逗子市暴力団排除条例の一部改正については、法律の一部改正に伴って関連規定の改正を行うといった内容になっております。
  それから、逗子市国民健康保険条例の一部改正について、平成25年度に国民健康保険料を改定すること及び政令の改正に伴う必要な改正を行うということになってございます。国民健康保険料の改定というのは、逗子市としては、かなり長期にわたって手をつけてきませんでしたけれども、今回、改定の提案をするということになっております。
  それから、逗子市火災予防条例の一部改正については、総務省令の改正によって、電気自動車用の急速充電設備が対象設備として追加されたことに伴う改正でございます。ちなみに逗子市内には、急速充電設備が菊池タクシーさんに、一般の充電設備が県営駐車場、134号線(沿い)にありますロード・オアシスにそれぞれ1基づつあるということでございます。
  続いて、平成24年度逗子市一般会計補正予算第3号でございます。補正の予算額は歳入歳出ともに3,542万6千円の増額となっております。
  主なものとしては、新たに東日本大震災の被災地に高校生を派遣するということで、被災地の方々と交流を図る経費として、青少年交流事業の増額を計上いたしました。これは、今年の3月11日に「忘れない、つなげていく、3.11逗子〜6万人のキャンドルを灯そう」と銘打って、東日本大震災の被災地支援活動応援キャンペーンの実施をいたしました。こうした支援活動を今後も継続して行っていくことを、市としては考えておりまして、この「忘れない、つなげていく」ということの一環として、今回、高校生という若い世代の方に、被災地に行っていただいて、現地での様々な体験をしていただく、あるいは交流を図っていくということを目的として、計上したものでございます。
  それから、街路灯の更新ということで、新逗子通り商店街街路灯新設工事に係る補助金交付のため、商工業振興事業費の増額を計上しております。これは、新逗子通り商店街の街路灯を全て更新するということになっておりまして、新たに設置する街路灯28基、これを全てLED電球の対応にするとともに、そのうち10基については、蓄電式の、災害時にも対応可能な、非常時対応型の補助灯の付いた街路灯に更新するといった内容になっております。
  それからもう1点、震前、震後対策事業の増額ということで、これは、一般木造建築物の耐震診断を行う方が増えまして、その結果、耐震補強工事が必要というケースが増加しているということで、当初予算では、1件当たり50万円で14件分を計上しておりましたけれども、これが足りない見込みになったということで、7件分を増額して予算計上してございます。
  さらに、災害対応ということのなかで、文部科学省の実践的防災教育総合支援事業の一つとして、学校防災アドバイザー活用事業を、市内の公立全小中学校で実施するための経費を計上しております。これは、外部の専門家を学校防災アドバイザーとして招いて、各教育委員会で作成するマニュアル作成指針及び各学校で作成するマニュアル、並びに、避難訓練などに対するチェック、助言を受けることによって、児童、生徒等の安全確保に向けた、体制の改善強化を図るもの、ということでございます。この文部科学省の実践的防災教育総合支援事業については、神奈川県から、国の委託を受けた再委託という形で実施をするということになっておりますが、神奈川県内では、本市の他に、開成町の災害ボランティア活動の推進・支援事業の2件が採用されていると聞いております。
  このほか、平成24年度の逗子市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号、それから、平成23年度の逗子市一般会計ほか、4特別会計の歳入歳出決算についての議案を提出するということになってございます。私からは、今回の付議事件についての説明は以上とさせていただきます。何かご質問があればどうぞよろしくお願いいたします。
 

【記者】
  高校生の派遣はいつぐらいに…。場所は…。
 

【市長】
  詳細は、担当の部長から説明をさせます。
 

【福祉部長】
  予定といたしましては、来年の3月中を予定してございます。具体的な日まではまだ決まっておりません。今のところ予定といたしましては、石巻市、南三陸町、女川町、この3か所を中心に考えていきたいと思っております。行程といたしましては、車中1泊、宿に1泊の2泊3日を考えております。主な視察先としましては、南三陸町の防災対策庁舎、それから、石巻市、ここでは、現地のボランティアリーダー等との交流等を考えております。
 

【記者】
  何人規模くらいで行くのですか。
 

【福祉部長】
  募集は25名をマックスで考えています。
 

【記者】
  この種の事業というのは、他の自治体でも取り組んでいるのではないかな、と思うのですが、それほど珍しい事業ではないのですか。
 

【福祉部長】
  バスで現地に行って、このような活動をするというのは、他の自治体でも実施はしていると思いますし、また、逗子市内を見ても、社会福祉協議会が同様のバスツアー、あるいは商工会(記録者注:正しくは青年会議所)がやっているというところでございますが、市としても、特に高校生を対象にやっていきたいということなのです。それから、市の職員を震災後、派遣をしてございます。その辺の経験を反映した形で、これから詳細の企画内容を詰めていきたい、それで、実際に同行、参加もしていただきたいと思っていまして、そういった庁内の被災地支援の意思を引き継ぐといいますか、その辺もねらいの一つとしてございます。
 

【記者】
  今回の補正予算ではないのですけれども、国家公務員の給与が4月以降、7%2年間…。国にならって、藤沢とか、その前鎌倉、葉山とか下げてきて、財源不足がその背景にあるのでしょうけれども、事業の財源に充てるというような形でやってきているのですけれども、逗子の場合はその辺は検討しているのでしょうか。
 

【市長】
  逗子で、具体的に職員の給与削減についての検討はしてございません。それぞれの自治体の事情によって、いわゆるラスパイレス指数が全国トップクラスということでの削減等々はこの間行われてきましたけれども、今の段階では、逗子としてはそこまで高額という状況ではないという、あるいは、震災という意味では、国の給与費削減と各地方自治体が行っている給与削減というのは性質が違うということも踏まえて、今のところ、具体のそうした検討というのは実施しておりません。
 

【記者】
  ちなみに、今のラスパイレス指数というのはどのくらいなのですか。
 

【総務部長】
  101.1。
 

【記者】
  これは、今年の…。国家公務員が下げた段階での比較ですか。それとも、その前の年の。
 

【総務部長】
  23年度、昨年度。
 

【記者】
  そうすると、今はもっと高くなるわけですね。
 

【総務部長】
  まだ、そこが出ていません。なんとも言えませんが、少し触れさせていただくと、藤沢がつい最近やりましたよね…、あれは、葉山が1回トップを引いてしまった、で、このままだと藤沢がいってしまうというのがあるようですので。
 

【記者】
  トップになりたくない…。
 

【総務部長】
  トップになりたいという自治体はあまりない。今の情勢では。

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:企画課秘書室

電話番号:046-872-8131


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi