トップページボタン

暮 ら す 人 の こ え 〈 ニコライド代表 川 島 直 子 さ ん 〉

 逗 子 の 人 っ て、 都 会 的 な の に 人 懐 っ こ い

川島さん1写真
 福岡県大牟田市の出身です。大学卒業後、都内で化粧品会社の企画職として働いていました。夫は鎌倉の材木座出身。家を探し始めたとき、私は繁華街の近くの方がよかったのですが、夫が譲らず、鎌倉で探し始めました。でも、犬2頭・バイク2台・海近くの条件だと鎌倉は難しく、いろいろ探し回って逗子の新宿にほれ込みました。けれど、正直に言いますと、最初は暗い夜道が怖かったです。

ママサークルを立ち上げ

 子どもが生まれ会社を退職。そして、3か月目に近所のママたちとサークルを立ち上げました。家に子どもと2人でいるのに耐えられなくなってしまったんです。ちょうど同じような月齢の子どもがいるママたちが近所にいたので、新宿会館や小坪大谷戸会館で週1回集まっておしゃべりしていました。彼女たちとは今でもいい友達です。

夫が背中を押してくれた

 起業したのは長男が2歳、次男が生まれたばかりの頃です。子どもと一緒に安全に乗れる自転車がほしいなとインターネットで出会ったのがきっかけです。同じ頃に知人の紹介でツール・ド・逗子や子どもたちに自転車の乗り方やマナーを教える活動も始めました。
 退職した時は、まさか自分が起業するなんて想像もしていませんでしたし、いろいろやることに最初はためらいましたが、夫が背中を押してくれました。「君には君にしかできないことがあるはず。家が散らかっていても構わない。僕も子どもも、君がニコニコしている方がいい」って言ってくれたんです。夫は家事も育児も主体的で、とても感謝しています。

魅力的な逗子の人

 逗子の人は、知的で魅力的な人が多いですよね。皆さん、自分の好きなことをやっているからでしょうか。すごく楽しそう。社会的な地位が高い人とかもいっぱいいるのに、みんな気さくなんです。「おいで! 仲間になろうよ」って誘ってくれる。そして、新しい人に対しても寛容。古参とか新入りとか関係なく一緒に活動しています。もちろん、地の人もたくさんいるし、そのネットワークもあるんですが、それを感じさせないおおらかさが好きです。
川島さん2写真

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:企画課企画係

電話番号:046-872-8132


ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi